「ABC分析の落とし穴」と「新たな価値創造の重要性」について。

「ABC分析の落とし穴」と「新たな価値創造の重要性」について。

 

どうも、Kochiです。

ちょっと前にABC分析について書きましたけど、今回は

『ABC分析の落とし穴』

ってことで書こうと思います。

“落とし穴”って言うと、「あの記事でABC分析おすすめって言うといて、嘘やったんかい!」ってなりそうですけど、そうではなくて

ABC分析はもちろん重要だし、それを分析することによって「徹底的に攻めるポイント」もわかるし「その逆」もわかるし「店の販売状態の把握」も出来るし、いいことだらけなんですけど、

ただそれは、現状販売してる状態を分析したことなので、その分析結果に基づいて考えるだけの戦略からは「新たな戦略」は生まれないってこと。

それだけで終わるんじゃなくて、新たな戦略を練っていく、つまり「新たな価値創造」をしていく必要がありますよ!ってこと。

わかっていただけました? ABC分析の落とし穴の意味。

世の中どんどん変わってきてますからね。

いつまでもずっと同じことをしてるだけではダメ。

「昔はこうやって売ってきた」とか「これはこうするのが昔から当たり前」とか、そんなことばかりいつまても言ってたら潰されますよ。

もちろん、昔どうこうってのを全面否定するわけじゃないです。

その中でいいことはずっと継続していけばいいし、時代の変化に適応出来てないことは改善・進化させていけばいいだけのこと^^

その柔軟さが超絶重要なんです。

売り方とか品揃えとかだけじゃないですよ。

集客の方法も考えないといけない。

もちろん、店の信用・信頼でファンになってくれるお客さんを徹底的に獲得して、何度も買い物に来てくれるリピーターを増やすっていうのが商売としては最強ですけど、

広告っていう1つの手段も必要。

ただ、その広告っていうのも、いつまでの「新聞折り込みの広告」だけしていればいいってものじゃないんですよね。

経費もバカにならないし。

「いかに多くの人に店のアピールをしていくか」っていう視点で改めて手段を考えると、この時代ネットを使うっていうことは外せないですよね。

ってか、当たり前の時代。

ほとんどの人がスマホを持ってる。

ネットっていう便利なツールを使わないなんて超絶効率悪いですよ。

ネットで集客出来る状態になれば・・・経費のバカ高い新聞折り込みの広告を使う必要性は・・・ぶっちゃけかなり低い。ってかすでに効果は薄れてきてます。

「新聞とってない」って家庭多いですからね。まぁ、僕も新聞とってないですけど。

ニュースもテレビ番組表もスマホで見れるし、しかもニュースの情報は新聞に比べて異次元レベルで早い。ってか、ほぼリアルタイムですからね。

って、またまた話がかなり逸れてきました 汗

とにかく今回で、

「ABC分析×新たな価値創造」が大切

ってことと、

「時代の変化に対応して改善・進化」する必要がある

ってことと、

「ネットの活用」も視野に入れた方がいい

ってことが伝わればと思います。

ってことで、今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます^^

では、また!