銀杏の一番簡単な調理方法と食べ方を解説/爆発を防ぐ方法も紹介

銀杏の一番簡単な調理方法と食べ方を解説/爆発を防ぐ方法も紹介

・銀杏(ぎんなん/ギンナン)の一番簡単な食べ方(調理方法)って何なんだろう?

・銀杏が爆発するのを防ぐ方法って、何かないのかな?

こういった疑問にお答えします。

本記事を読むことで上記の疑問は解決しますよ。

ということで、さっそく見ていきましょ~!

ちなみに本記事を書いている僕は、銀杏販売歴20年以上です(*`・ω・)ゞ

銀杏の一番簡単な調理方法と食べ方

銀杏の一番簡単な調理方法と食べ方は下記の通りです。

・銀杏を10~15個程度を“封筒”に入れ、電子レンジで40秒~1分チンする

→ 殻が割れる(全部割れなくても数個割れていればOK)

・殻をキレイに取って食べる(割れていないものは)

→ ホクホクでもっちりしていて美味しい

簡単ですよね。

殻が割れていないものは、このような「銀杏割り器」を使うと簡単に割ることが出来ますよ。

銀杏の爆発を防ぐ方法

銀杏を電子レンジでチンしようとすると、どうしても気になるのが「爆発」ですよね。

爆発してしまうと…、電子レンジの掃除が大変です( ̄▽ ̄;)

上記の調理方法でお話ししたように「封筒に入れてからチンする」ことによって、爆発した時にレンジの中が散乱した銀杏だらけということを避けることが出来ます。

ですが、銀杏の爆発自体を防ぐ方法がありますので紹介しますね。

下記の通りです。

あらかじめ「銀杏割り器」使い、銀杏に軽く割れ目を入れておく

このようにすることで、銀杏の爆発を防ぐことが出来ますよ。

ちなみにですが、電子レンジから取り出す時は熱くなっていますので気をつけてくださいね。

おわり

ということで、「銀杏の一番簡単な調理方法と食べ方」「銀杏の爆発を防ぐ方法」を紹介しました。

電子レンジを使えば、フライパンで炒るより簡単で、しかも短時間で銀杏を食べられるようになりますよ。

参考にしていただると幸いです。

以上になります_(..)_