みやざき完熟マンゴー。なめらか食感と高糖度の絶品!贈答用にも最高!

みやざき完熟マンゴー。なめらか食感と高糖度の絶品!贈答用にも最高!

みやざき完熟マンゴーの本格シーズン到来!

今年も本格的にトロピカルフルーツの女王「みやざき完熟マンゴー」のシーズンに突入しましたね。みやざき完熟マンゴーの旬は4月中旬~7月頃にかけてで、少しずつ相場的にも落ち着いてきたので、店側としては売り込むチャンス到来だし、お客さんとしては買い時の到来ですね。

みやざき完熟マンゴーの品種は?

このみやざき完熟マンゴーの品種は「アーウィン種」というものです。まぁ、俗称「アップルマンゴー」ですね。

アップルマンゴーの中でも宮崎県産のものは「濃厚な甘み」「果肉のやわらかさ」「果汁の多さ」「香り」など、どれをとっても最高です。

みやざき完熟マンゴーの美味しい最大の理由!

みやざき完熟マンゴーの美味しい最大の理由、それは収穫の方法にあるんです。

果物は樹の栄養をたくさんもらうことによって美味しくなりますけど、その樹から離れる時が一番美味しいんです。つまり完熟の状態。

みやざき完熟マンゴーはその瞬間を逃さないために、一つ一つ果実をネットで包んでおいて、果実が熟したら自然に落下させてそれをネットで受け止めるという収穫方法をしてるんです。

これが「完熟マンゴー」の由縁であり、この方法で収穫することで、美味しさと香りが最高のマンゴーが収穫されて出荷されるわけです。

4月中旬くらいから完熟して落下しはじめて、だいたい7月下旬頃にはほとんどのマンゴーが落下するので、そこで終了という感じです。

トロッとしたなめらかでまろやかな食感&スゴい糖度!

みやざき完熟マンゴーの味は「最高!」の一言。

食物繊維をまったく感じさせないトロッとしたなめらかでまろやかな食感。そして、なんといっても糖度がスゴいです。

カットする時に糖度を計測するのですが、完熟マンゴーの糖度は22度前後。これ「激甘!」ですよ。

※マンゴーはウルシ科の植物なので、体質によっては果汁などでかぶれたりすることがあるので注意してくださいね。

5月25日はみやざきマンゴーの日!

ちなみに、5月25日は「みやざきマンゴーの日」ということで、みやざき完熟マンゴーをPRするのが目的で制定されてるので、広告やインプロの売り込みに利用するのもありですね。

贈り物として最高!

まぁ、いうまでもなく“贈り物”としても最高ですね。

とくにオススメは、宮崎マンゴーの中でも最高峰の「太陽のたまご」です。

この「宮崎完熟マンゴー太陽のたまご」は、ただでさえ美味しいのにさらに厳しい基準をクリアしたもの。

ちょっとその基準をツイートしたのがこちら↓

https://twitter.com/POWEREDby_Kochi/status/1136988999736709120?s=19

宮崎県産の完熟マンゴーの入荷がかなり増えてきました❗

その中でも最高峰なものが【太陽のたまご🥭】

みやざき完熟マンゴーの中でも、

✅糖度15度以上

✅重さ350g以上

という厳しい基準をクリアしたものだけが「太陽のたまご」として出荷されています❗

今年も贈り物として順調に売れてます👍 https://t.co/V440UVyLyi

糖度の基準は15度以上ですけど、実際に今まで計測しているものは先ほどお話ししたように20度を軽く超えるものが多いので、全く問題なし。というか、スゴいレベルです。

もし近所のスーパーに売ってなかったり、デパートに行く時間がなければ、ネットで購入しても当たり外れはないですね。

しかも贈答用として直接送ってもらうことも可能なのでかなり便利です。

みやざき完熟マンゴーの入荷が本格的になってきた直後には「母の日」も「父の日」もありますので、プレゼントとしてかなりオススメです。

ということで、みやざき完熟マンゴーの紹介でした!

僕のこのblogでは、こういった感じで「野菜・果物に関するお得な情報」や「安定して結果を出すための戦略・思考法」、「働き方に対する思考法」などを情報発信しています。

またTwitterでもいろいろ情報発信していますので、もし今回のblogが参考になったら、Twitterの方「いいね」「フォロー」してもらえると嬉しいです。
KochiのTwitterはこちら

blogでもし「知りたい」情報があれば【検索】から調べてもらえたらと思いますし、blogにまだない情報で「(青果・働き方などで)知りたい」と思うことがあれば、下記の【メッセージ】(またはメニューのメッセージ)からコメントいただけると嬉しいです。