【台湾マンゴー】マンゴー大好き、でもちょっと高い。そんな悩み解決

【台湾マンゴー】マンゴー大好き、でもちょっと高い。そんな悩み解決

マンゴー大好きだから食べたい。でも、国産のマンゴーって高いからなかなか買えない。なんかマンゴーをお買得に食べられるいい方法ないかな?」

今回はそんな悩み(希望)を解決します!

こんなツイートをしました。

https://twitter.com/POWEREDby_Kochi/status/1132935116693442560?s=19

【台湾マンゴー(アーウィン種)🥭】

亜熱帯地域で☀️をたくさん浴びて育ってるので、『濃厚な甘味と香り』が最高で、果汁もたっぷり👍

旬は5~7月。じつは沖縄や宮崎の🥭と同じ品種なので、国内産🥭と変わらない美味しさ。

ということは・・・国内産よりお得です👀 https://t.co/sNW8nfmr8y

少し掘り下げてお話しします。

台湾マンゴーは国内産マンゴーと同じ品種です。

「マンゴーがお得に食べたい。」

その答えはすでにTwitterに書いてあるのですが、この台湾マンゴーって、じつは沖縄県産や宮崎県産のマンゴーと同じ品種なんです。

しかも地域的にも、沖縄県や宮崎県よりも亜熱帯地域なので・・・美味しいに決まってます。

入荷が増えてくるタイミングももちろん国内産と変わらず、5月中旬以降一気に増えてくる感じ。

つまり・・・国内産と同じ味が、国内産よりもはるかにお買得な値段で買えるわけですよ。宮崎県産の「太陽のたまご」なんかは別格ですけどね。

国内産と台湾産で相場はかなり違います。

通常の宮崎県産のマンゴーが、等級にもよりますけど1980~2980円くらいの小売り相場で、台湾マンゴーは598円くらいの相場。ぜんぜん違いますよね。

ただ、どうしても国内産が食べたいという方は、等級の少し下がったマンゴーを狙うのもありです。つまり、色付きが少し悪かったり、大きさが少し小さかったりするものです。それだと(タイミングによりますが)1玉980円程度なら販売している時もあります。

5月末からはマンゴー好き方には最高のシーズン!「マンゴーの日」もありますよ。

このタイミング(5月末)からは、宮崎県産マンゴーをはじめ、台湾マンゴーやメキシコマンゴー、タイマンゴーをなどが重なって入荷してきているので、マンゴー好きの方には最高のシーズンですよね。

しかも結構シーズンも長いです。しかも、宮崎県では5月25日を、沖縄県では7月15日「マンゴーの日」と制定して、全国的に「マンゴーをもっと食べよう!」っていうようなPR活動をしてますしね。

その日にはマンゴーの特価をやっているお店も多いので、探してみるのも楽しみですよね。

ぜひ今回の話を参考に、マンゴーを少しでもお得に楽しんでもらえたらと思います。