【果物お盆商戦結果】お客さんからの上半期の成績表(中間テスト)

【果物お盆商戦結果】お客さんからの上半期の成績表(中間テスト)

今回は「果物のお盆商戦の結果は、お客さんからの上半期の成績表(中間テスト)と思うべき」というテーマで簡単にですがお話ししようと思います。

というのが、「年末商戦は、その一年の成績表」ということで重要視する人は多いですが、お盆商戦を軽く見すぎている青果小売業の人が意外と多いんですよね。

でもこれって、かなり重要なポイントを見落としていることになります。とくに果物です。

僕自身、青果小売業歴20年以上(2019年現在)ですが、「お盆商戦というのは自店の商売(経営状態)の状態を知るバロメーター」だと思っています。

その理由などについもお話ししていきますので、もし「自分の店を大切にして存続させていきたいけど、今までお盆商戦を大切にしていなかった…」という方は続きをご覧いただければと思います。

【果物お盆商戦結果】お客さんからの上半期の成績表(中間テスト)

冒頭の方でも触れましたが、「年末商戦は、その一年の成績表」と言いますが、果物においては「お盆商戦というのはその一年の半分(上半期)のお客さんからの成績表」なんですよね。

なぜかというと、贈り物や手土産、お供えの商品というのは絶対にいい商品が欲しいわけなので、そういう時にはもちろん「このお店に買いにいけば安心」という信用信頼のあるお店にお客さんは買い物に行くからです。

つまり、「普段からいい商品を売っている」かどうか、「お客さんから支持されているかどうか」という信用信頼の結果が完全に数字に表れます

普段から「あのお店の果物は品質が悪い…」などと評価されていると、お盆の時期の買い物にはお客さんは絶対にそのお店には買い物に行かないですからね。

つまり(とくに果物においては)、「お客さんからどのように思われているか?」「自店の評価がどうなのか?」が数値化されるのがお盆商戦なわけです。

自分のお店がお客さんから支持されているか、そのバロメーターとしてお盆商戦の結果を見るのはかなり重要なので、お盆商戦の結果を軽く見るべきではないです。

お盆商戦に果物の売れない店=お客さんから(果物としては)支持されていないお店

上記のことから言えることは、「お盆商戦に果物の売上が一気に上がらないお店は果物では支持されていないお店」ということになります。

「そもそも自分の店では果物は力をいれていない」というお店には関係のない話ですが、普段から果物を販売しているのであればお盆商戦の果物の売上は気にするべきだし、自分のお店のことが大切なのであれば売れるようにしていくべきです。

初めから諦めモードはナンセンス。そんな方におすすめの思考法

ただこの話をすると、「自分の店は立地的に悪いし」「自分の店は、もともとがそういうお店ではないから」「自分の店では配送をやっていないから」などの意見をたまに聞くことがありますが、そのような思考になっている時点でナンセンスですよね。

このような時に考えるべきことは下記のことです。

・立地が悪くても繁盛しているお店はある。それはなぜ?
・もともと果物が売れない、または力を入れてない原因と理由は?
・配送をやっていない?やればいいのでは?

このように考えるとやるべきことが見えてきますよ。

お盆商戦に果物の売れるお店にすると大きなメリットがありますからね。もし初めから諦めモードの方はぜひ一度考えてみてくださいね。

ちなみに「大きなメリット」というのは「儲かるお店になる」です。ただ、「売上が上がるからその分儲かるでしょ」というレベルではないんです。全く異次元レベルで変わってきます。

そこにはちょっとしたコツというか法則があるのですが、それについては今後お話ししていきます。

まとめ

ということで簡単にですが「果物のお盆商戦の結果は、お客さんからの上半期の成績表(中間テスト)と思うべき」ということでお話ししましたが、

やはり「お盆商戦」「年末商戦」というのは、お客さんから自分のお店がどれだけ“支持”されているのかを測る最高のバロメーターですからね。

とくに【ハレの日】の買い物は、信用・信頼のあるお店に行くのがお客さんの心理なので、やはり普段からの信用&信頼の積み重ねが重要ということですね。

このような思考で仕事(商売)をしていくかいかないかで、結果は大きく変わってきますので、ぜひ真剣に仕事のことを考えている方は参考にしてもらえたらと思います。

ということで、僕のこのblogでは、こういった感じで「安定して結果を出すための戦略・思考法」や「働き方に対する思考法」、また「野菜・果物の有益な知識やお得情報」などを情報発信しています。

またTwitterでもいろいろ情報発信していまして、今回記事も

https://twitter.com/POWEREDby_Kochi/status/1161237177906262016?s=19

こんな感じでツイートしています。

もし今回の記事が参考になったら、Twitterの方「いいね」「フォロー」してもらえると嬉しいです。
KochiのTwitterはこちら

blogでもし「知りたい」情報があれば【検索】から調べてもらえたらと思いますし、blogにまだない情報で「(青果・働き方などで)知りたい」と思うことがあれば、下記の【メッセージ】(またはメニューのメッセージ)からコメントいただけると嬉しいです。