ベニバラードぶどうの特徴!味は? 種あり? 皮ごと食べられる? に回答

ベニバラードぶどうの特徴!味は? 種あり? 皮ごと食べられる? に回答

ベニバラードっていう名前のぶどう、どんな特徴なんだろう?

味はどんな感じかな?

種はあるのかな?

皮ごと食べられるのかな?

こういった疑問に、ぶどう販売歴20年以上の僕がお答えします

ということで、さっそく本題へ。

ベニバラードぶどうの特徴!味は? 種あり? 皮ごと食べられる?

掛け合わせ

ベニバラードは下記の掛け合わせから誕生したぶどうです。

バラード × 京秀

見た目は輸入ぶどうの「シードレス」みたいな長細いかたちをしています。

味見 試食

とにかく甘く、糖度を計測してみると平均して19~20度はありますね。

糖度を計測した時の写真がこちらです。

食べてみた感想は下記の通りです。

皮はパリッとした食感で果汁は多く、強い甘味で酸味はほぼほぼ感じない

よく「種なしですか?」とお客さんからもご質問をいただくことがおおいですが、種は“ほぼあります”。

というのも、ベニバラードは種をなくすためのジベレリン処理をすると皮が硬くなってしまう品種なんですよね。

そのため種ありのまま出荷されることが多いです。

種はほぼほぼありますが、皮はパリッとした食感なので、皮ごと食べることができますよ。

おわり

ということで、ベニバラード(ぶどう)の紹介でした。

・種はあるけど、それは甘味の強い美味しさを保つため

・皮はパリッとした食感で食べられる

とても美味しいぶどうですよ。

以上、参考にしていただけると嬉しいです。

▼人気関連記事