【当たり前だけど重要】同じ条件で仕事しても結果に差の出る原因は?

【当たり前だけど重要】同じ条件で仕事しても結果に差の出る原因は?

同じ商品をまったく同じ条件で販売しても、人によって結果(売上・利益)に大きく差が開くことがよくあります。

そこで今回は『なぜ差が生じるのか?』について簡単にお話しします。

当たり前のことですが、実際かなり重要になってくることですのでぜひご一読ください。

同じ条件で仕事をしても結果に差の出る原因

同じ商品を同じ条件(同じ店・同じ什器など)で販売しても、人によって結果(売上・利益)に大きく差が開きますよね。

「すごく売る人」「普通のレベルで売る人」「ぜんぜん売れない人」・・・

「すごく儲ける人」「人並みの儲けの人」「ぜんぜん儲けられない人」・・・

なぜ同じ条件なのに差が生じるのか?

それは、人によって『売って儲けるための“引き出しの数”に差があるから』なんですよね。(今回は「やる気の問題」などは論外で)

引き出しというのは、技(テクニック)・知識(ノウハウ)などなど、つまり品作りや陳列方法、POPや付加価値の付け方、お客さんへの売り込みテクニックetc.です。

何が言いたいのかというと、「安定して結果を出し続けるためには、与えられた条件の中で、いかに最高・最大のパフォーマンスをするための引き出しの数を持っているかが大切」ということです。

言い換えれば、「与えられた条件のポテンシャル(可能性)を、最高・最大限に発揮するための引き出しの数をいかに持っているかが大切」ということですね。

もちろん、それらを具現化するための行動力があるかどうかも大切ですが…。

ちなみに、これについて下記のツイートをしました。

https://twitter.com/POWEREDby_Kochi/statuses/1184455296753618945?s=19

引き出しの数を増やし質を高めるためには

上記でお話しした「引き出しの数を増やす」ためにはどうすればいいのか?

それは「いろいろチャレンジし、いろいろ失敗し、そこからいろいろ学ぶ」ことです。それが最終的に「最強で最速の成長法則」です。

「チャレンジし失敗し学ぶ。学んだことで新たなチャレンジをし失敗し学ぶ」の繰り返しでどんどんレベルアップしていく。それを継続し積み上げていくことで自分独自の引き出しの数がどんどん増えてきます。

これをやるかやらないかが、結果として大きな差を生むことになるわけです。

最後に

今回お話ししたことは、「その時は自分ではなかなか気が付かないけど、継続していけばいつの間にか異次元レベルに成長している」という感じです。

とにかく売って儲けるためには、“引き出しの数”を増やし、どんどん質を高めていきましょう!

P.S.

本記事も含まれていますが、「売上と利益を上げる方法が基礎から知りたい」という方は下記のロードマップをご覧ください。

https://vegetables-and-fruit.com/2019/09/15/%e3%80%90%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%e3%80%91%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e3%81%a8%e5%88%a9%e7%9b%8a%e3%82%92%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%84/