【冬至】ゆず風呂に入る理由 / 南瓜を食べる理由【わかりやすく解説】

【冬至】ゆず風呂に入る理由 / 南瓜を食べる理由【わかりやすく解説】

日本の良き風習として「冬至には柚子風呂に入り南瓜を食べる」というものがありますが、なぜ柚子風呂に入り南瓜を食べるのかの理由についてたまに質問されることがあります。

そこで「冬至とは何?」「なぜ柚子風呂に入るの?」「なぜ南瓜を食べるの?(“ん”がつくものを食べる)」について本記事でわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

冬至(とうじ)とは?

冬至とは「1年の中で一番昼が短く夜が長い日」です。つまり「一年の中で最も日照時間が短い日」ですね。(その逆が夏至です)

“ん”がつくものを食べる理由

昔の人は「日照時間が短い日=太陽の力が一番弱くなる日」で、その日を境に太陽の力が大きくなる(回復してくる・よみがえってくる)と考え、それと同時に「悪いことが続いていても(冬至を境に)運”も回復(上昇)する」と考えました。

そこでその日(冬至)に「運盛り」として「運(ん)」が強まるように、「ん」のつく食べ物を食べることで運を呼び込もう!ということで、縁起をかつぐ意味もあり「ん」のつく食べ物を食べるようになったわけです。それが風習として続いてるんですね。

なぜ南瓜を食べるの?

“ん”がつく食べ物はたくさんあるのに「なぜ南瓜(カボチャ)なのか?」ですが、「かぼちゃ」は漢字で書くと「南瓜」で、ひらがなで読むと「なんきなので、「ん(運)」がキチンとついているからですね。

それと南瓜は栄養が豊富だし、長期間保存出来るし、寒い冬に煮物にすると美味しいし、栄養補給も出来るし。まさにもってこいの食べ物だからですね。

「栄養をつけて寒い冬を乗り越えよう」という昔の人の知恵ですね。

なぜ柚子風呂に入るの?

柚子風呂に入る理由は「体を温めて風を引かなくするため」ですが、もう少し掘り下げて解説すると下記の通りです。

✔️運(ん)を呼び込む前に厄払いするための禊(みそぎ)
✔️柚子は香りが強いので邪気払いになる
✔️ゆず=「融通(ゆうずう)」がきく
✔️冬至=「湯治(とうじ)」

上記のような語呂合せからも冬至の日に柚子風呂に入るようになったとも言われてます。

生の柚子を使わなくても便利な商品もありますよね。

こういった商品だと冬至以外にも寒いに日に使えて体が温まるので便利です。

南瓜以外の冬至に食べる「ん(運)」のつく野菜・果物は?

南瓜以外に冬至の時に食べる「ん(運)」がつく野菜・果物としては下記のような感じです。

人参 大根 蓮根 銀杏 ニンニク いんげん
ほうれん草 みかん 金柑 りんご

冬至の日にはぜひ「ん(運)がつく野菜・果物」を食べて運気上昇してもらえたらと思います。