【簡単】職場での悪口や陰口、誹謗中傷などが気にならなくなる方法

【簡単】職場での悪口や陰口、誹謗中傷などが気にならなくなる方法

職場で悪口や陰口を言ったり、誹謗中傷などをしてくる人がいて、どのように対処すればいいかわからない…

何か気にならなくなる、いい方法ないかな…

そんな悩みや疑問にお答えします。

僕自身、20年以上社会人生活を送る中でさまざまな人間関係のトラブルに巻き込まれた経験があり、悪口や陰口を言われたり、誹謗中傷などをされた経験があります。

なので、上記のような悩みや疑問は痛いほどわかります。

そんな中でいろいろ悩み考えて、さまざまな人を分析してきた結果、

職場での悪口や陰口、誹謗中傷などが気にならなくなる方法

にたどり着くことが出来ました。

そして今では、人からの悪口や陰口、誹謗中傷などが全く気にならなくなっています。

そこで本記事では、その悪口や陰口、誹謗中傷などが気にならなくなった方法を紹介しようと思います。

その方法は2つあります。

順番にお話ししますので、参考にしていただければと思います。

職場での悪口や陰口、誹謗中傷などが気にならなくなる方法【その1】

どこの職場でも、必ずと言っていいほど悪口や陰口、誹謗中傷などをしてくる人がいますよね。

何かにつけて批判してくる人もいます。

僕がそれらを全く気にしなくなった方法の1つ目を紹介します。

下記の通りです。

①まず悪口や陰口、誹謗中傷などをしてくる人の特徴を知る

②特徴を知ると、悪口や陰口、誹謗中傷などを「する人」と「される人」のポジションがわかる

③特徴とポジションがわかると、悪口や陰口、誹謗中傷などをされることが気にならなくなる

そして最終的には、

「悪口や陰口、誹謗中傷などをする人ってそういう人なんだ」と相手を見ることが出来るようになり、さらに「悪口や陰口、誹謗中傷などをされるっていいことなんだ」と思えるようになり、その結果として悪口や陰口、誹謗などが気にならなくなる

という感じです。

掘り下げてお話ししますね。

①悪口や陰口、誹謗中傷などをしてくる人の特徴を知る

悪口や陰口、誹謗中傷などをしてくる人の特徴は下記の通りです。

・マインドのレベルが低い

・相手に嫉妬している

・自分を大きく(いいように)見せようとしている

・見えている世界が狭い

こんな感じです。

マインドのレベルが低い

つまり

・考え方(思考)や気持ちのレベルが低い

・精神年齢が低い

こんな感じなんですよね。

ちなみにですが、このマインドレベルの低い人には

マインドレベルの低い人は、他の人の頑張りや成長、成果よりも、ちょっとしたサボりや失敗などの“落ち度”に喜んで反応する。しかもその落ち幅が大きければ大きいほど、過剰に喜んで反応する。

という特徴があります。

それによって悪口や陰口、誹謗中傷もエスカレートしてきますので、「そういうもの」と思って気にしないことがおすすめです。

相手に嫉妬している

つまり、

相手に実力的に負けていることを本当はわかっているけど、認めたくないし、それを隠そうとしている

こんな感じです。

自分を大きく(いいように)見せようとしている

つまり、

他の人のことを悪く言ったり、陰口を言ったり、誹謗中傷したりすることで、自分を大きく(いいように)見せようとしている

こんな感じです。

見えている世界が狭い

結局、つまらない小さな人ということです。

これらが、悪口や陰口、誹謗中傷などをする人の特徴です。

②特徴を知ると、悪口や陰口、誹謗中傷などを「する人」と「される人」のポジションがわかる

特徴がわかると、そこから見えてくることは

悪口や陰口、批判をされる人 > 悪口や陰口、批判をする人

のポジション(立場)にあるということです。

つまり、悪口や陰口、誹謗中傷などされる人の方がポジション(立場)的に上なんですよね。

③特徴とポジションがわかると、悪口や陰口、誹謗中傷などをされることが気にならなくなる

つまり、

悪口や陰口、誹謗中傷などをしてくる人を見ると

「それにしてもマインドのレベルが低い人だなぁ。」

「この人、嫉妬してるんだ。負けを認めたくないんだね。」

「相手を下げて、自分を大きく(いいように)見せようとするなんて、格好悪い人だなぁ。」

「見えてる世界、狭っ!」

と思うことが出来るようになり、

「可哀想な人だな。」

と思えるようになり、その結果として気にならなくなるわけです。

これが僕自身が最終的にたどり着いた、悪口や陰口、誹謗中傷などをしてくる人のことが気にならなくなった方法の1つ目です。

悪口や陰口、誹謗中傷をされる = 自分の方が上

なので、気にしなくてOKです。

ちなみにですが、これらを口に出すのはダメですよ。

口に出してしまうと、悪口や陰口、誹謗中傷などをするような人と同じレベルになってしまいますからね。

心の中で相手を哀れに思い、優しい気持ちで見守ってあげましょう(*`・ω・)ゞ

職場での悪口や陰口、誹謗中傷などが気にならなくなる方法【その2】

2つ目の方法ですが、それは

働く目標の明確化と徹底

そうすることで悪口や陰口、誹謗中傷が気にならなくなる

です。

どういうことかというと、僕の場合だと

本業の仕事は、

①スキルを身に付ける

②スキルアップをし続け、自分の市場価値を高め続ける

③そのスキルを活かし、副業で収入を上げつつ、転職や独立も可能にしておく

ためにする

という目標があって、そこに徹底的に集中することによって、周りのつまらない悪口や陰口、誹謗中傷が気にならないわけです。

会社のためや周りの人のために働くのではなく、自分のために働くことに意識を集中させる

わけです。

これは悩んでいる方はぜひやってみてもらいたいですが、やってみると周りの人の悪口や陰口、誹謗中傷などが本当にどうでもよく感じるようになりますよ。

ちょっと自己中的な考え方に思われるかもしれませんが、スキルアップのために仕事をしているので、他の人たちよりも高い基準で仕事を遂行していますので、会社にも全く迷惑はかからないですからね。(逆に貢献度は高い)

これが僕自身が最終的にたどり着いた、悪口や陰口、誹謗中傷などをしてくる人のことが気にならなくなった方法の2つ目です。

悪口や陰口、誹謗中傷などをしてくる人への対処法は?

上記までで悪口や陰口、誹謗中傷などが気にならなくなる方法をお話ししましたが、それらを踏まえた上での対処法は下記の通りです。

・笑顔に敵なし

・気にせず鬼スルー

・距離を置く

内心は相手を哀れに思い、でも決してそのように思っている素振りは見せず、適当に笑顔だけ振りまいて鬼スルーでOKです。

悪口や陰口、誹謗中傷をするような人のことを気にしたり相手をしても、何の得もなく逆に損ですからね。

そして、近くにいるとデメリットしかないので、少しでも早く距離を置きましょう。

これがベストです。

おわり

ということで、職場での悪口や陰口、誹謗中傷などが気にならなくなる方法と対処法でした。

本記事が少しでも、職場の人間関係で悩んでいる方のお役に立つことが出来ると幸いです_(..)_

ちなみにですが、これは職場以外でも同じですので、プライベートでの悪口や陰口、誹謗中傷などに悩んでいる方も、参考にしていただけたらと思います_(..)_

以上になります。

✔️人気関連記事

【効果あり】職場の人間関係の悩みが減り、年収が高まる働き方を紹介