【逆境を乗り越えるコツ】考え方や具体的な方法を紹介【経験談】

【逆境を乗り越えるコツ】考え方や具体的な方法を紹介【経験談】

逆境、仕事をしていると何かしらありますよね。

僕自身も20年以上商売の世界で仕事をする中で、「売上」「利益」「人間関係」「取引先とのトラブル」「お客さんとのトラブル」などなど、数えきれないほどの逆境を経験してきました。

ですが今ではそれらの逆境(経験)はいい思い出になっていて、「成長するいいキッカケだったな」と思えるようになっています。

そこで本記事では、その経験に基づいて「逆境を乗り越える考え方やコツ」についてお話ししようと思います。

もし何かしらの逆境で悩んでいる方は、参考にしていただけると幸いです_(..)_

【逆境を乗り越えるコツ】考え方

逆境を乗り越えるための考え方はシンプルです。

・逆境は自分を成長させてくれるためのもの

・「そんな時もあったな」と笑える時がくるもの

逆境はその時は辛くてしんどいですが、実際それを乗り越えることによって何かしら成長することが出来るものですので、「この逆境を乗り越えればまた成長出来る」と思えばOKです。

このように思って楽しむことが出来れば最高で、ネガティブにもならなくて済みます。

逆境は想定外のことからも起こってしまうものなので、その都度深く悩んでも仕方がないです。

逆境は楽しんで糧にし、そして成長しよう!

極論これしかないですね。

つまり「逆境を力に変える」わけです。

【逆境を乗り越えるコツ】具体的な方法

これは、「逆境は自分を成長させてくれるもの」と思いながら

①まず一度立ち止まって冷静になる

②問題点を書き出して見える化する

③問題点とやるべきことがわかれば、あと粛々とこなしていく

これがベストです。

コツも踏まえつつ順番にお話ししますね。

①まず一度立ち止まって冷静になる

逆境の時は、まず一度立ち止まって冷静になることが重要ですね。

なぜかというと、そうしないと宙に浮いたような状態のままになってしまって逆境に押し負けてしまうからです。

とくに精神的に

・焦る ・パニクる ・惑わされる

・格好つける ・イライラする

の状態の時は上手くいかないことが多いので要注意です。

ピンチの時ほど冷静に

そのような時は、身の回りを整理整頓(片付け)するのもおすすめですよ。

そうすることで、かなり冷静に逆境を見ることが出来るようになります。

②問題点とやるべきことを書き出して見える化する

もし逆境のレベルが大きく、やるべきことが頭の中で整理出来ない時は、手書きでいいので紙に問題点とやるべきことを書き出して見える化するのがおすすめです。

そうすることによって解決策が見えやすくなり、逆境を受け止めやすくなりますからね。

・逆境を乗り越えるためには何をすればいいのか?

・具体的にどのように行動していけばいいのか?

これらを優先順位を考えながらメモすればOKです。

ポイントは、すぐに処理出来るレベルのことは先にサッと終わらせてしまうことですね。

つまり「雑務はすぐに処理」して余計なタスクを溜めないことです。

そうすることで逆境の問題が少しは軽くなり、解決を早めることが出来るようになりますよ。

③問題点とやるべきことがわかれば、あと粛々とこなしていく

そして逆境を乗り越えるためにやるべきことがわかれば、あとは冷静沈着に粛々とこなしていくことです。

ポイントとしてはネガティブな気持ちは捨てることですね。

感情に左右されてしまうと、問題が大きければ大きいほど途中で心が折れてしまう可能性が高くなるからです。

実際に冷静沈着に粛々と行動していくと、意外と簡単に逆境の問題を解決出来たりしますよ。

「そう言われてもどうしようもない大変な問題で…、今回は無理かもしれない。」と思うような逆境でも、数年後には「そんな時もあったなぁw」となるものです。

人生は逆境の繰り返し。乗り越えて成長しよう!

逆境というのは結局何かしら訪れるものなので、毎回ネガティブになっていても仕方ないんですよね。

それよりも、その逆境を乗り越えることでまた成長することが出来ますので、楽しんでしまうのが一番です。

その時は自分自身では気が付かなくても、しばらくしてから「あれ?もしかしてちょっと成長してるかも?」と自分でも気が付くレベルまで成長出来ているものですからね。

最後に

ということで、逆境を乗り越えるためのコツについて、具体的な考え方や方法を踏まえながらお話ししましたが、いかがでしたか?

結局、逆境を楽しむようになってくると「逆境を跳ね返す強いメンタル」も身に付くんでよね。

本記事が少しでも逆境を乗り越えるためのお役に立つことが出来ると幸いです。