【悲報】これからの時代、仕事を失う会社員の特徴【まとめ/解決策】

【悲報】これからの時代、仕事を失う会社員の特徴【まとめ/解決策】

今回は「これからの時代、仕事を失う会社員の特徴のまとめと解決策」というテーマでお話ししようと思います。

なぜこのような話をしようと思ったのか?

・これからの時代は、今のままの働き方をしてると、仕事を失う会社員(サラリーマン)が多くなるだろうな…

・この記事を読んでくれて、何か1つでも気づきを得てもらえる方がいてくれると嬉しいな。

なんてことを、ふと思ったからです。

興味ある方はご覧いただけたらと思います。

【悲報】これからの時代、仕事を失う会社員の特徴【まとめ/解決策】

まず大まかな特徴のまとめとして下記の通りです。

✔️言われたことしかやらない

✔️悪口や陰口、愚痴(文句)が大好き

✔️新しいことにチャレンジしない

✔️変化から逃げる(変化が嫌い)

✔️学ばない

これからの時代はさらにいろいろな変化と進化(AIによる自動化etc.)があるので、このようなタイプの会社員は仕事を失うかも、ということです。

一気にAIの普及による自動化が進むことは間違いないですからね。

そうなってくると上記のようなタイプの人はAIに仕事を奪われることになるのは明白です。

下記でそれぞれ少し掘り下げて、解決策も踏まえつつお話しします。

ちなみに「別にそれでいいし解決策なんか興味ない」という方には、以下の内容はちょっと不向きですので…_(..)_です。

言われたことしかやらない

このタイプはAIの普及によって仕事を失うことになるのは間違いないですですね。

「言われたことしかやらない」…、これは職種によってはAIの普及を待たなくても仕事を失うかもですが。

理由は単純で、言われたことしかやらない人がやる仕事というのは「=誰でも出来る単純作業レベル」なので、それこそAIが普及したら不要な人材になるからです。(職種によってはAIの普及を待たなくても仕事を失うかもですが)

たとえば指示待ち人間もこの部類に入りますね。

✔️解決策

下記の通りです。

・危機感を持つ

・自分から積極的に仕事を探す(行動する)

自分から仕事を探すことによって成長もしますからね。

おすすめです。

✔️ちょっと例外あり

「従業員としては最低限の仕事をしつつ、少しでも早く帰って自分の将来のためになる積み上げ(副業や学び)をしたい。だから会社では言われたことだけすればOK」というような、計算上の超絶前向きでストイックな行動として「言われたことしかしない」のであれば別の話ですよ。

悪口や陰口、愚痴(文句)が大好き

このタイプは重傷ですね。

なぜか?

・悪口や陰口、愚痴(文句)からは何の価値も生まれない

・悪口や陰口、愚痴(文句)を言ってる時は生産性が著しく低下する

上記の通りです。

AIなら悪口や陰口、愚痴(文句)を言わずに働いてくれます。

「経営者からすればどちらを選びますか?」という話です。

答えは明白ですよね。

✔️解決策

悪口や陰口、愚痴(文句)=無駄 を理解する

以上ですね。

悪口や陰口、愚痴(文句)を言ってるヒマがあるならAIに仕事を奪われないために仕事しましょう。

新しいことにチャレンジしない

なかなか厳しいですよね。

新しいことにチャレンジしない…、それ以前に次のステップに上がるための仕事すら覚える気がない…、これでは完全にAIに負けますよね。

たとえば僕の部下にも、まったく新しい仕事を覚えようとせずに、教えようとするとなぜか逃げる人がいます。

そして、ひたすら単純作業を忙しそうにして、やたらと「自分は忙しいアピール」をしてきます。

ぶっちゃけ…「AI出てきたらこの人いらないな」と思いますね。

✔️解決策

新しいことにチャレンジする

シンプルですが以上ですね。

変化から逃げる(変化が嫌い)

時代はどんどん進化しています。

その中で変化から逃げていたり変化を嫌っていると、時代に乗り遅れて撃沈です。

時代が変化しているのに、いつまでも昔のスタイルを貫き通そうとすると、それはもう化石のような存在です。

「変化に対応出来ない人=不要な人材」、組織の中ではこうなるのは明白ですからね。

✔️解決策

・変化に対応しないと生き残れないことを理解する

・変化に対応していけるために自ら勉強する

今の時代は「45歳でリストラ」が流行になっているような時代です。

変化に対応出来ない人はリストラの時代になってくるので要注意です。

学ばない

上記の解決策、「変化に対応していけるために自ら勉強する」と同じですが、「これからの時代の変化に対応していけるように自らいろいろ学んでいかないと、そのうち化石状態になって会社の中で仕事を失いますよ」という話です。

たとえば、これから時代は通信が5Gの世界になってくるに「何それ。知らなーい。」では通用しなくなりますからね。

✔️解決策

・変化に対応しないと化石状態になることを理解する

・変化に対応するために自ら学ぶ

これしかないですね。

最後に【自分の市場価値を意識しよう】

以上「これからの時代、仕事を失う会社員の特徴のまとめと解決策」というテーマでお話ししましたが、いかがだったでしょうか?

どう考えても今回紹介したような特徴のある人は、AIが進化して普及してくると仕事を失うことになっても不思議ではないですよね。

まぁ本記事をここまで読んでくださっている方は、そもそも大丈夫な方か、「今はちょっとヤバいかも…、でも改善しよう」と思ってもらえた方だと思います。

✔️自分の市場価値を知ろう

とはいえ「ちょっと不安だな…」と思う方は、一度自分の市場価値というのを調べてみるといいですよ。

自分は仕事の世界(市場)でどれくらいの価値があるのか?

これを知って意識することで今後の行動も変わってきますからね。

自分の市場価値の調べ方ですが、たとえばMIIDAS(ミイダス)ならスマホで簡単に、しかも無料登録するだけで調べることが出来ます。

ミイダスは転職サイトですが、だからこそ過去の転職実績データから自分の市場価値を見出してくれるんですよね。

べつに登録したからといって転職しないといけないわけではないですし、市場価値以外にも「自分と同じようなキャリアを持つ人がどんな仕事でどれくらいの年収で得ているのか?」も知ることが出来ますよ。

無料で調べることが出来るので、ぜひ自分の市場価値の調査を一度してみてくださいね。

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

✔️人気おすすめ記事

自分の市場価値とは?知った方がいい理由と簡単に調べる方法【無料】