【解決】仕事を覚えられない悩みで辛い方へ【覚えるコツ/対処法あり】

【解決】仕事を覚えられない悩みで辛い方へ【覚えるコツ/対処法あり】

なかなか仕事を覚えることができなくて辛い。

いろいろと教えてもらっても覚えることができないので、まったく仕事を任せてもらえず、ずっと下働き状態…。

どうすれば仕事を覚えることができるんだろう?
コツとかあれば知りたいな。

覚えることができなければ、今後転職しようと思っても厳しいし…。

何かいい方法ないかな?

上記のようなご質問(相談)をいただきました。

仕事を覚えることができない原因についてはさまざまあると思いますが、本記事では小売業歴20年以上でさまざまな方と仕事をしてきた経験からお伝えできる、

・仕事を覚える5つのコツ

・どうしても仕事を覚えることができない場合の対処法

をお話ししようと思います。

過去に真面目なのにどのようにしても仕事を覚えられなかった部下を何人か持ったことがあり、その時の経験からお話しできることもあります。

仕事を覚えられなくて悩んでいる方や、いくら丁寧に教えても仕事を覚えることができない部下がいて悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

仕事を覚える5つのコツ

仕事を覚えるコツは細かくお話しすると山のようにありますが、大きくは

・まずは仕事の全体像を把握する
(森を見てから木を見る)

・優先順位や効率を意識して自発的に行動する

・わからないことがあれば自分から質問する

・メモを取り、復習する

・失敗を恐れずチャレンジする

の5つですね。

これらを意識して行動するだけかなり効果がありますよ。

それぞれ少し掘り下げてお話ししますね。

まずは仕事の全体像を把握する(森を見てから木を見る)

これは、

仕事の全体像を把握してから「自分の役割は?(やるべきことは?)」を考えると、やるべき仕事と今後やっていくべき仕事をいち早く理解できるようになり、そのための行動も見えてくるので仕事を覚えやすくなる

ということです。

仕事ができない人のことを例える有名なことわざ(格言)に、「木を見て森を見ず」がありますが、仕事を覚えるのも同じで、細かい仕事(作業)にばかり意識がいってしまうと、全体が見えなくなるので仕事を覚えるのが遅くなってしまいます。

なので、逆の「森を見てから木を見る」が少しでも早く効率的に仕事を覚えるためコツになります。

優先順位や効率を意識して自発的に行動する

仕事をしていく中で優先順位や効率を考えながら行動すると、仕事は覚えやすいですね。

優先順位や効率を考えずに仕事をする…、もちろんこれでは覚えにくいですからね。

そして自分から自発的に(積極的に)行動するのも重要です。

“待ち”では仕事はなかなか覚えられないです…。

わからないことがあれば自分から質問する

上記でお話ししたように自発的に行動し、そしてわからないことがあれば自分から積極的に質問することが重要です。

わからないことを質問せずに放置…、これでは仕事をなかなか覚えることができないですからね。

メモを取り、復習する

メモを取る、これかなり重要なんですよね。

世の中には「メモを取るなんてナンセンス」という意見の方もいますが、それこそナンセンスですね。

メモを取り、そして復習する。

仕事を覚える基本中の基本です。

失敗を恐れずチャレンジする

失敗を恐れて行動しない…、これでは仕事を覚えることができないです。

行動し、失敗して糧にする。

そうやって仕事を覚えていくものです。

ちなみにですが、仕事を覚えられない方におすすめの本がありますので紹介しますね。

こちら↓

この本は「仕事の覚え方のコツ」をとてもわかりやすく解説してくれていますよ。

スキマ時間にいつでも読めるように、カバンなどに入れておくのがおすすめです。

どうしても仕事を覚えることができない場合の対処法

過去に、真面目なのにどうしても仕事を覚えることができなかった部下を何人か持ったことがあるんですよね、

その方たちは、結局

・そもそも“向き不向き”の問題だった

・仕事を覚えることがむずかしい障害だった

のどちらかだったんですよね。

そもそも“向き不向き”の問題の場合

どんな仕事にも向き不向きがありますが、不向きな場合はなかなか仕事を覚えられないこともあるものです。

過去にご本人も認めるほど不向きな方がいて、その方はやはり仕事をなかなか覚えることができませんでしたね。

なので、もし「今は働いているけど、自分にこの仕事は向いていないのかも…」と悩んでいる方は、一人で悩みを抱えて限界になってしまう前に

・プロのキャリアアドバイザーに無料相談

・オンラインで無料診断(適職診断)

をしてみるといいですよ

「自分のことは自分が一番わかっている」と思いがちですが、思い込みなどもあり「じつはわかっていなかった…」ということもありますからね。

プロのキャリアアドバイザーに無料相談

具体的には転職のプロ(キャリアアドバイザー)とお話しできる転職エージェントに相談するのがおすすめで、

は対応も親切丁寧なのでおすすめですよ。

オンラインで無料診断(適職診断)

もし「いきなり相談するのはちょっと…」という方は、dodaエージェントサービスの適職診断「キャリアタイプ診断(無料)」をやってみることをおすすめします。

大手人材サービス会社が提供してくれているサービスなので、簡単な自分の経歴などを入力だけで「どんな仕事が自分に合っているのか?」「自分はどんな会社と適正があるのか?」などを調べることができるんですよね。

さらに、誰もが気になるであろう「年収査定」もできますので、悩んでいる方は利用してみてくださいね。

こちらから無料登録で利用できますよ↓

転職サイトはdoda
»dodaエージェントサービス

仕事を覚えることがむずかしい障害の場合

「自分では真面目に頑張っているし、仕事を覚えようと努力しているのに…、どうしても仕事を覚えることができない…」と悩んでいる方は、もしかすると仕事を覚えることがむずかしい障害の可能性もあります。

なぜそのように言えるのか?

過去に何度教えても仕事を覚えられず、周りの人からも「なぜ???」と思われていた方が、「じつは仕事を覚えるのがむずかしい障害だった」ということがあるからです。

もし本当に悩んでいる方は、「自分は大丈夫だ。」と思い込もうとするのではなく、一度【リンクビー】パーソルチャレンジ・ミラトレなどの就労移行支援サービスで相談してみてください。

相談することで「障害である可能性が高い」とわかれば、今の仕事を無理して続けることでずっと怒られる…ということから解放される糸口を見つけられたりしますからね。

実際に相談した結果、自分に合った仕事に出会えて無事に転職された方もいますよ。

最後に

以上、【解決】仕事を覚えられない悩みで辛い方へ【覚えるコツ/対処法】というテーマでお話ししましたが、いかがでしたか?

本記事が少しでも、「仕事を覚えることができない」という悩みの解決にお役に立つことができると幸いです_(..)_

✔️「自分にこの仕事は向いていないのかも…」とお悩みの方の相談におすすめ

マイナビエージェント

dodaエージェントサービス:無料でできる適職診断「キャリアタイプ診断」や「年収査定」あり

✔️「仕事を覚えることができない」とお悩みの方の相談におすすめ