労働収入と資産収入の違いをわかりやすく解説 / 副業するならどっちがおすすめ?

労働収入と資産収入の違いをわかりやすく解説 / 副業するならどっちがおすすめ?

副業についていろいろ調べていると「労働収入」と「資産収入」という言葉を見かけることがあるけど、具体的に何が違うんだろ?

副業をするなら、どっちがいいのかな?

今回は、こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

・労働収入の資産収入の違いは?

・副業するならどっちがおすすめ?

本記事を書いている僕は青果小売業歴20年以上。副業はWeb業界で、業界歴は3年です。

こういった僕が経験を踏まえつつ、上記の疑問にお答えします。

労働収入の資産収入の違いは?

work

労働収入(労働型収入)と資産収入(資産型収入)の違いは、簡単に解説すると下記の通りです。

・労働収入:自分の時間や労働力を費やして(切り売りして)、その成果の分だけ得られる収入

・資産収入:自分の資産を作り、その資産が生み出した分だけ得られる収入

わかりやすい具体例は下記の通りです。

・労働収入:会社員 パート・アルバイト プログラミング ライター など

・資産収入:株 不動産 会社運営 ブログ YouTube など

これが労働収入と資産収入の違いですね。

さらに言うと、こんな感じです。

労働収入:自分が働き続けないと稼ぐことができない

資産収入:自分が働き続けなくても自動的に稼ぎ続けることができる

副業するならどっちがおすすめ?

これについては、人それぞれが答えになりますね。

大まかに言うと、下記の通りです。

労働収入の副業がおすすめの方

・すぐ確実に稼ぎたい

・働き続けても苦にならない

・ある程度の金額を稼ぎ続けられたらいい

資産収入の副業がおすすめの方

・すぐには稼げなくてもいいけど、将来的に不労所得のように稼ぎたい

・稼げる金額は青天井を目指したい

ちなみにですが、僕自身がやっていて、しかもおすすめの副業は資産収入です。

おわり

「労働収入の資産収入の違いをわかりやすく解説 / 副業するならどっちがおすすめ?」ということでお話ししましが、いかがでしたか?

本記事が少しでも、副業を考えるためのお役に立つことができると幸いです。