【業界歴20年以上の僕が解説】スーパーの正社員は低収入?【回答:人と会社により給料は違う】

【業界歴20年以上の僕が解説】スーパーの正社員は低収入?【回答:人と会社により給料は違う】

スーパーに就職(転職)しようと思っているけど、「スーパーの社員は低所得」みたいな情報を見かけることがある。

実際のところはどうなんだろう?

こういった疑問にお答えします。

✔️本記事の内容

・スーパーの正社員は低所得なのか?

・給料のいいスーパーに就職(転職)する方法は?

本記事を書いている僕はスーパー業界歴20年以上の青果バイヤー。30代と40代で転職の経験があり、さまざまな方の就職や転職の状況も見てきました。

こういった僕が、実際の経験にもとづいてステマなしでお話しします。

スーパーの正社員は低所得なのか?

会社員 疑問

世の中的には「スーパーの社員=低所得」というイメージで思われていたり、ネット上にも「スーパーの社員は低収入」などといった情報があったりしますが、業界歴20年以上の僕の答えは「一概にそうではない」になります。

なぜかというと、僕の周りだと平均年収程度はもらっていたり、中にはそれ以上の給料をもらっている人も多いからです。

大まかにですが、下記のような感じですね。

・主任クラス → 年収450万円前後

・店長クラス → 年収500~550万円程度

・バイヤークラス → 年収500~750万円程度

中には逆に、「その給料でよく我慢して働いているね…」という方もいるのも事実です。

結局のところ、「働いている会社やその人によって差がある」というのが現実で、一概に「スーパーの正社員=低所得」とは言えないですよ。

給料のいいスーパーに就職(転職)する方法は?

では、給料のいいスーパーに就職(転職)するにはどうすればいいのか?

その答えは「情報収集をしっかりした上で就職や転職活動をしましょう」です。

適当に就職や転職活動をしてしまえば、給料の低い会社を自ら選んでしまう危険性は大ですからね。

具体的な方法は、いろいろな転職サービスに登録して、とにかく情報収集をして比較してみることです。

どこに登録して情報収集すればいいのかわからない方は、【スーパーへの転職】おすすめの転職エージェント/転職サイト5選でおすすめの転職サービスを紹介していますので、参考にしてみてください。

どれも無料登録するだけで利用できますよ。

おわり

簡単にですが、「スーパーの正社員は低収入なのか?」という疑問への回答でした。

スーパーに就職や転職しようと考えている方は、「スーパーの正社員は低所得」という情報を単純に鵜呑みにするのではく、自ら行動して情報収集をすることをおすすめします。

そうすることで、平均年収を上回る企業からの求人情報を見つけることもできますからね。

以上になります。

▼関連記事

【スーパーへの転職】おすすめの転職エージェント/転職サイト5選

リクナビNEXT