【父の日=健康】父の日ギフトは「青汁」「黒にんにく」がオススメ!

【父の日=健康】父の日ギフトは「青汁」「黒にんにく」がオススメ!

「青果の小売業で働いているけど、父の日に何を売り込んだら効果があるかわからない。」

こんな疑問や悩みが、青果担当者には正直あると思います。とくに広告原稿を書く時などは悩みますよね。

ただぶっちゃけ、母の日であれば以前の記事で紹介したように売り込む商品がたくさんありますけど、父の日は青果コーナーで売り込んで抜群の効果のある商品はないです。

理由は簡単で、お父さんに果物を贈ったところで、実際に皮を剥いたりするのはお母さんってことが多いし、実際に食べるのは・・・お母さんや子供さんですからね。

なかなか「お父さんへだけの特別果物!」というのはないのが現実だし、中には枝豆(野菜)などお父さんが喜びそうな野菜を提案するなんてこともありますけど、特別級な枝豆じゃないと普段のビールのおつまみと同じになってしまいます。

・・・で話が終わると意味がないので、今回は会社によっては青果部門では販売は無理かもしれないですけど、「野菜関係」の父の日にピッタリな商品を紹介します。

ちなみに青果の“生もの”の商品で広告ネタを入れないといけない場合は、「野菜=枝豆」「果物=宮崎マンゴー」が無難ですね。

【父の日=健康】父の日ギフトは「青汁」「黒にんにく」がオススメ!

まず最初に結論をお話ししておくと、野菜関係の父の日ギフトにピッタリな商品をというのは、具体的に「青汁」「黒にんにく」になります。

理由はシンプルで、お父さんといえば「疲労回復」や「生活習慣病予防」に役立つものがいいとなるからです。つまり、「父の日=健康」です。

父の日には、「日頃の感謝」と「健康を願う気持ち」を込めて健康食品を贈るのがいいですよね。

下記でそれぞれのオススメ商品を紹介します。

ドクターベジフル青汁

青汁といっても、ネットで検索すれば数えきれないくらいの種類があるので、どれがいいのかホント迷いますよね。

知名度とか広告露出度とか関係なく、青汁の原料である野菜を実際に売っている僕からして、一番にオススメの青汁はドクターベジフル青汁です。

理由は、全部九州産(国内産)の原材料で作っていて、「余計なものは一切入れたくない」というこだわりで完全無添加で作っているんです。しかも95%の人が「美味しい」と回答していて、モンドセレクションを受賞しています。

青汁で完全に無添加というのはあまりないし、しかも「青汁が苦手」という人でも「飲みやすい」と好評。しかもそれを八百屋のプロが監修してくれています。

しかも、ちゃんとフリーダイヤルで「お問い合わせ」「相談」に対応してくれる丁寧さ。野菜の生産者の方の情報なども丁寧に載せてくれているのでホント安心でオススメです。

詳しくはこちら⇒野菜のプロが本気で作った本当に美味しい青汁をご覧ください。

食べやすい黒にんにく!【パワフルペーストドットコム】

次に黒にんにくですけど、にんにくといえばスタミナがつく食べ物の定番で、それを熟成させて作った黒にんにくは、普通の白いにんにくに比べて栄養素が何倍にも増しています。

その黒にんにくを、さらに食べやすく「ペースト」にしてくれているのが食べやすい黒にんにく!【パワフルペーストドットコム】です。

普通の黒にんにくであれば、「皮を剥くのが手間で面倒くさい」とか「手が汚れる」なんていうことがありますけど、これはペーストにしてパックしてくれているので、忙しくて面倒くさがりなお父さんでも簡単に食べることが出来て続けやすいんですよ。しかも手が汚れないし、会社に行く時も持っていってもらえるので、昼食後にデザート的な感覚で食べてもらうことも出来ます。

これまでになかった形状の黒にんにくをぜひ父の日のプレゼントに!ということでオススメです。

詳しくは⇒黒にんにくの皮剥きました!【パワフルペーストドットコム】をご覧ください。

まとめ

簡単にでしたが、父の日にオススメの商品を紹介しました。これらの「青汁」と「黒にんにく」は、父の日に贈りたい人気の健康食品のランキングでも、常に上位に入っている商品。大切なお父さんの健康をねぎらう気持ちを込めたプレゼントとして最高ですよね。

ということで、僕のこのblogでは、こういった感じで「野菜・果物に関する情報」や「安定して結果を出すための戦略・思考法」、「働き方に対する思考法」などを情報発信しています。

またTwitterでもいろいろ情報発信していますので、もし今回のblogが参考になったら、Twitterの方「いいね」「フォロー」してもらえると嬉しいです。
KochiのTwitterはこちら

blogでもし「知りたい」情報があれば【検索】から調べてもらえたらと思いますし、blogにまだない情報で「(青果・働き方などで)知りたい」と思うことがあれば、下記の【メッセージ】(またはメニューのメッセージ)からコメントいただけると嬉しいです。