【葉付きの理由も解説】本来、鏡餅の上に乗せる果物は橙。葉付きみかんは代用。

野菜果物

鏡餅の上にのせる果物(飾り)って橙(だいだい)?それとも葉付きみかん?そもそもなぜ葉付きなの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 鏡餅の上に乗せる(置く)果物は、本来は橙で葉付きみかんは代用という話
  • 鏡餅の上に“葉付き”を乗せる理由

本記事を書いている僕は、果物販売歴20年以上の青果バイヤーです。

そんな僕が、日本のよき伝統としてお正月に飾る鏡餅の上に乗せる果物についてわかりやすくお話しします。

参考にしていただけると嬉しいです。

本来、鏡餅の上に乗せる果物は橙。葉付きみかんは代用。

本来、鏡餅の上に乗せる果物は橙。葉付きみかんは代用。

年末になると鏡餅の飾りとして「橙」と「葉付きみかん」のどちらも市場では入荷してきます。

そしてお店でも両方を販売しますが、

  • 本来、鏡餅の上に乗せるのは「橙」
  • 「葉付きみかん」は、鏡餅が小さい場合の橙の代用

になります。

本来は「橙」の理由

鏡餅の上に乗せる橙

なぜ本来は橙なのか?

その理由は以下の通りです。

橙は収穫せずそのまま置いておくと、なかなか木から落ちない(長ければ2~3年)

つまり1つの木に、翌シーズンには2代目、翌々シーズンには3代目…、と何世代もの果実が実る

このことから橙(だいだい)は、「代々(だいだい)子孫繁栄していきますように」という意味をもつ縁起のいい果物とされている

このことから「鏡餅の上には橙を飾る」のが、昔からの習わしになっています。

橙の名前の由来は、上記の「代々(だいだい)」からで、このことから鏡餅だけではなく「しめ縄」にも使われたりしていますよ。

「葉付きみかん」は橙の代用

鏡餅の上に乗せる葉付きみかん

葉付きみかんは、橙の代用です。

つまり、

  • 昔に比べて鏡餅の大きさはかなりコンパクトになっている
  • 小さい鏡餅の上に橙を置くとかなりバランスが悪い

ことから葉付きみかんが使われるようになりました。

鏡餅の上に“葉付き”を乗せる理由

鏡餅の上に“葉付き”を乗せる理由

鏡餅の上に“葉付き”を乗せるのは「見た目がキレイだから」ではないですよ。

理由は以下の通りです。

  • 鏡餅の上に橙を置くためには木から外さないといけない
  • でも「なかなか木から落ちない=縁起物」
  • そこで少しでも木になったままの状態を維持するために葉付きのままにしてる

葉付きの状態を見ると木になってる状態を思い浮かべることもできますからね。

ちなみにですが、葉の取れてしまった橙やみかんを鏡餅用として使うのは「葉が取れる=実が落ちる=短命」ということで正月の縁起物としてはふさわしくないのでNGですよ。

おわり

ということで、「鏡餅の上にのせる果物(飾り)って橙(だいだい)? それとも葉付きみかん? なぜ葉付き?」という疑問への回答でした。

日本のよき伝統、大切にしていきましょう。

以上、参考にしていただけると嬉しいです。