メロンが苦い時の3つの原因 / 解決策:食べずにクレームの電話一択

メロンが苦い時の3つの原因 / 解決策:食べずにクレームの電話一択
メロンを食べたら苦い…

原因は何? 農薬とか?

食べても大丈夫?

こんな疑問にメロン販売歴20年以上の僕が、原因と対処法をわかりやすくお答えします。

メロン生産者の方に「メロンがたまに苦い時があるのですが、その原因(理由)は何ですか?」と質問したことがあり、その時にいただいた答えを紹介しますので参考にしていただければと思います。

メロンが苦くなる3つの原因(理由)

3つ

じつは先日、玉のまま販売しているメロンを購入いただいたお客さんから「苦かったんですけど…」というクレームの電話をいただきました。

カットフルーツにする時は毎回味見をしているのでクレームになることはないですが、玉売りしていると…、たまに起こってしまうんですよね。

で、その時の原因は何なの?

生産者の方に聞いたメロンが苦くなる原因(理由)は、主に下記の3つです。

・熟れすぎによる発酵

・そのメロン自体が病気

・収穫のタイミングが早すぎた(未熟)

それぞれについてわかりやすく解説します。

熟れすぎによる発酵

完熟メロン

一番大きな原因がこれですね。

つまり下記の通りです。

食べ頃を過ぎて熟れすぎてしまい、発酵が進むことによって苦くなった

僕自身が苦いメロンに遭遇した時も、完熟したメロンをカットしている時が多いです。

そのメロン自体が病気

心配 不安

次にある原因が、そのメロンが「バラ色カビ病」になっている場合です。

ククルビタシンという成分による苦味…、これは自然毒の一種で、食べてしまうと嘔吐などの症状が出てしまう可能性があるということです。

なので、苦味を感じた時は食べない方がいいですね。

メロンが病気かどうかを見分ける方法

形を観察

・皮の一部が白っぽくなっている

・カットした時に果肉の一部が変色している

このような場合は食べないようにしましょう。

たしかにカットフルーツをする時に苦味を感じるのはこのような時です。

収穫のタイミングが早すぎた(未熟)

未熟メロン

最後に、完熟でも病気でもないのに苦味を感じる場合があるということです。

生産者の方は下記のようにおっしゃっていました。

完熟でもなく病気でもない場合でも苦味を感じることがあります。メロンにはもともと苦味成分が含まれていて、メロンが成長するにつれてその苦味成分は減っていくのですが、その苦味成分が減っていく手前の未熟な状態でメロンを収穫してしまうと苦いことがあります。

むずかしいですよね…。

メロンの苦味は農薬?わざと?【答え:関係ないです】

メロンが苦かったことでクレームをいただいたお客さんから言われたのは、

・苦いのって…、残留農薬とかじゃないよね?

・まさか、苦味成分をわざと注射したわけじゃないよね?

です 汗

答えは、残留農薬でもなく注射でもないです。

上記の、

・完熟による発酵

・バラ色カビ病

・苦味成分が減る手前(未熟)での収穫

が原因(理由)です。

メロンが苦い時は食べずにクレーム処理一択

メロンを食べた時に、少しでも苦味を感じた場合はその時点で食べない方がいいです。

なぜかというと、「バラ色カビ病」の可能性もあるからです。

「もったいないから…」で食べてしまって嘔吐…、そうならないように食べるのはやめて、購入したお店にクレームの連絡をして返金または交換してもらいましょう。

まとめ

「メロンを食べたら苦味が…。原因は何?食べても大丈夫?」という疑問や不安への回答でした。

ポイントをまとめると下記の通りです。

※メロンが苦い時の原因は下記の3つ

・熟れすぎによる発酵

・そのメロン自体が病気

・収穫のタイミングが早すぎたことによる未熟

※メロンに苦味を感じた時の対処法

・食べるのをやめて、クレームの電話一択

以上、参考にしていただけると嬉しいです。