ビーツの特徴/含まれる栄養素/簡単な食べ方/購入方法を解説

ビーツの特徴/含まれる栄養素/簡単な食べ方/購入方法を解説

・「ビーツは健康にいい」という情報をよく見て気になるけど、そもそもビーツってどんな野菜なんだろう?

・ビーツは切ると真っ赤な色だから、栄養素が豊富に含まれている感じがするけど、具体的にどんな栄養素が含まれているのかな?

・ビーツの食べ方はロシア料理の食べ方はロシア料理の赤いシチュー「ボルシチ」が有名みたいだけど、そんなお洒落で手間のかかる料理は難しそう…、というか面倒くさい。もっと簡単に食べる方法ないかな?下ごしらえの方法も知りたいな。

・ビーツの時期っていつ?近くのスーパーでは見かけないけど、どんな所で買えるのかな?

こういった疑問にお答えします。

本記事を読むことで上記の疑問や悩みは解決します。

なぜかというと、ビーツ販売歴20年以上の経験に基づいてわかりやすく解説するからです(*`・ω・)ゞ

それではさっそく見ていきましょう~!

ビーツってどんな野菜?

ビーツとは下記の通りです。

・地中海沿岸が原産とされるアカザ科フダンソウ属の根菜

・じつは江戸時代からある歴史ある野菜

まぁ…、科や属とかは難しいですが、要するに「地中海沿岸で誕生した根菜で江戸時代からある野菜」ですねf(^_^;

ビーツに含まれている栄養素は?

ビーツはとにかく色が濃いです。

こんな感じですね。

この特徴的な赤い色は下記の色素によるものです。

・ベタシアニン → 赤紫色の色素

・ベタキサンチン → 黄色の色素

ベタシアニンとベタキサンチンは総称「ベタライン色素」と呼ばれています。

これらが含まれているバランスによって色が変わりますので、ビーツには赤色以外にも黄色やオレンジ色のものもあります。

ビーツに含まれる主な栄養素(成分)

下記の通りです。

カルシウム カリウム ナトリウム

パトテン酸 ナイアシン 食物繊維

ベタライン色素 ベタイン

ラフィノース マグネシウム

鉄 亜鉛 銅 葉酸 など

他の野菜には含まれていないような、さまざまな栄養素が含まれていますね。

ビーツが人気の(注目されている)理由

ビーツには上記の栄養素以外に、食事や運動によって体内に一定量産生されているNO(一酸化窒素)という成分を産生させる作用があるんですよね。

そして「NOの働き」がノーベル生理学・医学賞を受賞していまして、それ以降“スーパーフード”として注目が集まっています。

注目されているNOの働きについての詳細については割愛させていただきますが、血管や血行系統についてとてもいい効果があり、健康意識が高い人に人気急上昇しています。

ビーツの簡単な食べ方は?下ごしらえの方法は?

ビーツの一番簡単な食べ方

生のまま薄くスライスして食べれてもOK

サラダに最高(o^-‘)b !

これがビーツの一番簡単な食べ方です。

これが答えになりますが、もう少し掘り下げて一般的な食べ方を紹介しますね。

基本的には茹でてから料理します。(これが下ごしらえ)

ビーツの茹で方

ビーツは皮を剥いてから茹でると、せっかくの色や栄養素が流れ出てしまいますので、丸ごと茹でてから切るのがおすすめです。

茹で方は下記の通りです。

・ビーツを洗う

・沸騰させた鍋に洗ったビーツを丸ごと入れて、弱火でじっくり10分以上茹でる

・竹串がスッと通るほどの柔らかさになればOK

茹でる時に少量の酢を入れておくと、茹でた後にさらにきれいな赤色に仕上がりますよ。

ビーツの食べ方

下茹でしたら皮を剥いてからカットし、サラダや酢漬け、また炒め物にすればOK

これが生のままサラダで食べる次に簡単なビーツの食べ方ですね。

もちろんボルシチやシチューなどの煮込み料理にしてもOKですよ。

酢漬けやサラダなどの場合は、歯ごたえを残すため少しかために茹でておくと美味しいですよ。

あ、ビーツの色素は服に付くと落ちにくいので、汁などが飛ばないよう気を付けてくださいね~。

ホイル焼きにしても美味しい

下茹でするかわりに、アルミホイルで包んでオーブンで40分ほど焼いてホイル焼きにしても風味を楽しめるのでいいですよ。

ホクホクとした食感になって美味しいです。

ビーツの時期はいつ?近くのスーパーにない場合どこで買える?

ビーツの時期(旬)

ビーツの入荷は例年6月~7月頃と、年末前の11月~12月頃が多いですね。

近くのスーパーでは見かけない場合の購入方法

百貨店などに探しに行くのもいいですが、ネットで探せばビーツは簡単に買うことが出来ますよ。

たとえばこのように生のビーツも売っていますし、

このように水煮などでも販売してくれています。

また、缶詰めでも販売してくれています。

缶詰めであれば長期保存も出来ますし、非常食として家に置いておくのもありですね。

このようにしてビーツは基本的に年中簡単に購入することが出来ます。

おわり

ということで、ビーツについてでした。

参考にしていただけると幸いです_(..)_