大根の中が青くなっている原因(理由)は何?/食べても大丈夫なの?

大根の中が青くなっている原因(理由)は何?/食べても大丈夫なの?
大根を切ったら、中が青くなってたけど、原因(理由)って何なのかな?

見た目、ちょっと気持ち悪いな…。

食べても大丈夫なのかな?

こういった疑問にお答えします。

大根販売歴20年以上の中で、何度かそのようになっている大根を見てきました。

そして原因や食べても大丈夫なのかが疑問でしたので、実際に生産者の方に質問したことがあります。

その時にいただいた答えを紹介しますので、参考にしてもらえたらと思います。

大根の中が青くなっている原因(理由)は何?/食べても大丈夫なの?

大根の中が青くなっている原因(理由)

どのような感じかというと、記事冒頭の写真と同じですが、こんな感じです。

なんか、気持ち悪いですよね。

これは

青あざ症

という状態です。

生産者の方は「青鬆(青ス)」とも表現されていました。

よく「カビが生えてる」と言われることがありますが、カビではないです。

なぜこのような状態になるのか?

生産者の方の答えは、

大根を栽培している時に、雨が多かったり、気温が高かったりすると、土の中も湿度が高くなったり温度が上がったりします。

すると大根の繊維が固くなってしまって、その結果としてこのような状態になることがあるんですよね。

でした。

つまり、大根が固くなってしまっている状態です。

ちなみにですが、その大根が青あざ症になってしまっているかどうかは、生産者の方でも外からの見た目では完全にはわからないとのことです。

食べても大丈夫?

生産者の方の答えは下記の通りです。

食べられるけど、食感が悪くなっているので美味しくないですよ。

大根が固くなっているので、その通りですね。

購入した大根が青あざ症だった場合は?

購入したお店で交換してもらう

これがベストですね。

おわり

ということで、大根の中が青くなっている時の原因(理由)と、食べても大丈夫?の答えでした。

参考にしていただけると幸いです。