種無しぶどう/種ありぶどう【違いは?/美味しいのはどっち?】

種無しぶどう/種ありぶどう【違いは?/美味しいのはどっち?】

・種なしぶどうと種ありぶどうの違いって何だろう?

・種なしと種ありのぶどう、どっちが美味しいとかあるのかな?

こういった疑問にお答えします。

ちなみに、本記事を書いている僕はぶどう販売歴20年以上です(*`・ω・)ゞ

種無しぶどう/種ありぶどうの違いは?

ぶどう(ブドウ/葡萄)には種なしと種ありがあり、「食べやすい」「手が汚れない」という理由から“種なし”の方が圧倒的に人気があります。

実際にお店で販売していても、「このぶどうは種なし?種あり?」という質問をよくいただきますし、「種あり」というだけで敬遠し「種なし」ばかりを購入されるお客さんも多いのが現実です。

そんな中でたまにお客さんに質問をいただくのがこれです。

種なしと種ありの違いって何?

たとえば巨峰でも、「種なし巨峰」と「種あり巨峰」がありますからね。

では、種なしと種ありの違いって何なのか?

その答えは下記の通りです。

ぶどうは本来種ありで、ジベレリン処理によって種なしにしている

ですので、“種なし”という別品種ではないですよ。

ジベレリン処理についてもう少し掘り下げて解説しますね。

ぶどうの雌しべの柱頭に花粉がついて受粉するのを防ぐために、ジベレリンという「ぶどうを種なしにする」「ぶどつの粒を大きくする」役割をしてくれる特殊な植物ホルモン溶液に、ぶどうの花を一房一房に浸していく作業(処理)

上記の通り、一つ一つのぶどうの房を手作業でジベレリン液に浸けていくので、かなり手間のかかる栽培方法です。

しかもジベレリン処理は2回する必要があって下記の通りです。

・1回目 → ぶどうの花が咲いた頃(満開前) 種なしにする、つまり受粉を防ぐため

・2回目 → 上記の10~15日後 果粒を肥大化させるため

本来は受粉することで子房の中に種子が出来て、子房が膨らんで実になるのに…、受粉しなくてもジベレリン液に浸すことで実を作ることが出来るって驚きですよね。

中には、カリフォルニアレーズンの原料に使われているトンプソン・シードレスのように、もともと種がほとんどない品種もありますが、基本的にはこのようにして種なしぶどうを作っているわけです。

ちなみにですが、ジベレリン処置は完璧なものではなく、品種によっては種が少し残ってしまったりすることもありますよ。

種無しぶどうと種ありぶどう、どっちが美味しいの?

種なしと種あり、どちらが美味しいのか?

答えは下記の通りです。

種ありぶどう

なぜかというと、理由は2つあって下記の通りです。

・種なしぶどうは、ジベレリン処理をすることで味が薄くなってしまうことがあるから

・種なしぶどうは、脱粒するのを避けるために、熟度が完全に上がる前に収穫する(早採りする)から

後者の方について少し掘り下げますね。

種なしぶどうって、「果実(粒)が枝から外れやすいな…」と思ったことありませんか?

それには理由があって、下記の通りです。

種なしぶどうには、種と軸をつないでいる部品がないから

わかりやすいように、写真で解説しますね。

「これ!」の部分です。

種なしぶどうにはこの種と軸がつながっている部分がなく、

このような感じで、皮一枚で軸とつながってるみたいなものです。

ですので、ぶどうの熟度が上がれば上がるほど脱粒しやすくなります。

それを防ぐために種なしぶどうは熟度が完全に上がる前に収穫する(早採りする)ので、しっかり熟してから収穫される種ありの方が美味しいわけです。

ぶどうはもともと糖度が高い(甘い)果物ですので、少しくらい早取りをしても美味しいことは美味しいですが、やはりちゃんと熟してから収穫される種ありぶどうの方がコクがありますね。

おわり

「種なしブドウと種ありブドウ」についてお話ししましたが、いかがでしたか?

初めて種なしぶどうがジベレリン処理によって作られていたことを知った方は驚いたかもしれませんし、中には、植物ホルモンの溶液(ジベレリン)に浸けているということに抵抗を感じた方もいるかもしれませんね。

ただ、ジベレリン処理はキチンと国が定めている審査を経て安全性が検証されているものなので全く問題なしですよ。

ということで以上になります。

参考にしてもらえると幸いです_(..)_

✔️人気記事

【保存版】野菜や果物の農薬・防腐剤除去の方法【栄養豊富な皮ごと食べるためにも】

果物や野菜の皮についている白い粉の正体は何?/食べても大丈夫?