清見オレンジと清見タンゴールの違いは?【特徴の紹介/実食レビューあり】

清見オレンジと清見タンゴールの違いは?【特徴の紹介/実食レビューあり】

清見オレンジと清見タンゴールってどう違うんだろ?

まったく違う品種なのかな?

毎年お客さんからいただくご質問です。

今回はこんな疑問に、果物販売歴20年以上で、バイヤーとして市場での仕入れもしている僕がわかりやすくお答えします。

さらに「清見」を親として誕生した品種も紹介しますので、ぜひ最後までご一読いただければと思います。

清見オレンジと清見タンゴールの違いは?【結論:同じ】

さっそく結論をお話しすると下記の通りです。

清見オレンジ = 清見タンゴール

ただ呼び方が違うだけで、まったく同じものです。

その他にも下記のように呼ばれることがあります。

・清見みかん

・清見

清見オレンジは

アメリカのオレンジ × 日本の温州みかん

から誕生した品種で、

Orange(オレンジ)× Tangeririne(みかん)= Tangora(タンゴール)

なので「清見タンゴール」と呼ばれたりもするわけです。

「清見」と命名された理由は?

誕生した場所が「清見潟」の近くだったから

これが理由、というか由来ですね。

以上が「清見オレンジと清見タンゴールの違いは?」の答えになります。

せっかくですので、後半では清見オレンジの特徴を紹介しようと思います。

清見オレンジの特徴

食べてみた感想(実食レビュー)

・外皮:オレンジに似ている

・味:温州みかんの味 × オレンジの香り

・果汁は豊富

こんな感じですね。

外皮は手では少しむきにくいので、ナイフを使ってスマイルカットにして食べるのがおすすめです。

糖度を計測してみると12度前後でした。

果肉の薄皮(じょうのう)は薄く食べやすいですよ。

果種はたまにありますね。

旬(美味しい時期)

・冬の温州みかん最盛期が終わる2月頃に入荷が始まる(早い産地であれば1月頃から入荷あり)

・収穫は4月中旬頃にはほぼほぼ終わるが、その後は貯蔵されたものが出荷されるので5月頃まで入荷あり

・味的に美味しいのは2月中旬~4月中旬

・入荷量の最盛期は3月~4月頃

こんな感じです。

おわり

以上、「清見オレンジと清見タンゴールの違い」「清見オレンジの特徴と実食レビュー」でした。

この清見オレンジはその美味しさから、【保存版】2月に美味しい旬の果物はこれ!/人気おすすめランキング5選で紹介しているように、常に人気上位に入っている柑橘類です。

ご家庭用としてはもちろん、贈り物にされる方も多いですよ。

参考にしていただけると幸いです。

▼人気関連記事