【バナナ】主なメーカーと種類/高原栽培が美味しい理由など。

【バナナ】主なメーカーと種類/高原栽培が美味しい理由など。

バナナは大人気の果物でさまざな種類(銘柄/商品名)がありますが、実際「どの種類のバナナがどのメーカーなのか?」については、じつはあまりお店で販売している人も知らなかったりするんですよね。

そこで本記事では、

バナナの主なメーカーと種類

を簡単に紹介します。

また、高原栽培のバナナが美味しい理由などについてもお話ししようと思いますので、興味のある方は参考にしていただければと思います_(..)_

【バナナ】主なメーカーと種類

ということで、主なメーカーと種類を順番に紹介していきます。

【スミフル】バナナの王様「甘熟王」でおなじみ

スミフルは、圧倒的な知名度を誇る「甘熟王」のメーカーです。

ほぼほぼどこのお店でも販売されていますよね。

甘熟王シリーズとしては、

・ゴールドプレミアム甘熟王(極上の美味しさ)

・甘熟王

・甘熟王プレミアムリッチ

などがあります。

あとスミフルでは、

・昭和の贅沢バナナ ・熟撰おいしいバナナ

・朝の幸せバナナ ・おやつの王様 ・バナップル

・島の恵み ・バナージュ ・グレイシオ

などが取り扱われていますよ。

【Dole】スウィーティオ、そしてヨナナスが大人気!

Doleといえば「スウィーティオバナナ」と「極撰バナナ」が超有名です。

スウィーティオバナナにおいてはスミフルの甘熟王と同じく、「取り扱っていない店はないのではないか?」というレベルです。

あとDoleには

・ボビーバナナ ・スウィーティオスカイランド

・ハッピープレミアム ・セニョリータ ・モラード

・ラカタン ・カルダバ

などがあります。

そしてDoleといえばこれ。

とろとろクリーミーな新感覚の冷たいデザート(ヨナナス)は革命的です。

一昔前にはなかった新しいフルーツの食べ方で、このDoleのヨナナスメーカーで作るヨナナスは、砂糖なしでフルーツの甘味だけを楽しむことが出来ますよ~\(^^)/

【チキータ】バナナの老舗

「チキータバナナ」はもう定番中の定番ですよね。

種類としては、

・チキータプレシャス ・ミデイオ

・レギュラー ・チキータJr

などがあります。

このバナナパンミックスも人気商品ですね。

【デルモンテ】長年愛され続けているバナナメーカー

デルモンテといえば長年愛されてる定番中の定番「デルモンテ・バナナ」ですね。

その他の種類はあまり知られていなかったりしますが、

・ハイランドハニー ・クラシック

・グアテマラ ・カルダバ

などがありますね。

こんな感じの商品もあっておもしろいです。

高地栽培のバナナほど美味しい理由

これらのバナナの中でも“高地栽培”のバナナは本当に美味しくて、値段は少し高めですがそれだけの値打ちがあるんですよね。

高原栽培というのは

標高500m以上で栽培されているバナナ

のことです。

高原栽培のバナナが美味しくなる理由は、

・高地だと1日の寒暖差が大きいのでバナナが時間をかけてゆっくり成長する

・するときめ細やかなデンプン質がたっぷり蓄えられる

・熟して黄色くなる時にデンプン質が糖化することにより、甘くてもっちり感の強いバナナになる

こんな感じです。

中でも

・ゴールドプレミアム甘熟王 ・甘熟王

・スウィーティオスカイランド ・極撰

・チキータプレシャス

においては、800m以上の高地栽培ですのでも「もっちり感」「甘味」「コク」がぜんぜん違いますよ。

最後に

ということで、「バナナの主なメーカーと種類」「高原栽培のバナナが美味しい理由」についてでした。

バナナは手軽に食べられて腹持ちがいいので、忙しい朝に嬉しいですし、それでいてかなり栄養価が高いのにお得という、まさにスーパーフルーツと呼んでも過言ではない果物です。

参考にしていただけると幸いです。

また、バナナのシュガースポットについて、下記の記事で解説していますので、参考にしていただければと思います。

人気関連記事【バナナのシュガースポット】

【バナナシュガースポット】なぜ出る?栄養は?おすすめの食べ方は?

以上になります。