サツマイモのキュアリング(貯蔵)とは?/方法や効果(メリット)を解説

サツマイモのキュアリング(貯蔵)とは?/方法や効果(メリット)を解説

サツマイモのキャアリング(貯蔵)って何なんだろう?

特殊な名前だけど…、何か農薬とか使ったりするのかな?

何か、普通に貯蔵するのとは違ったメリット(効果)とかあるのかな?

こういった疑問にわかりやすくお答えします。

ちなみに本記事を書いている僕はサツマイモ販売歴20年以上です。

…まぁ、何の自慢にもなりませんが😅

では、さっそく本題へいってみましょう!\(^-^)/

ちなみにですが、「サツマイモ」「サツマ芋」「さつまいも」「さつま芋」…、表記はいろいろですが、今回は「サツマイモ」で(*`・ω・)ゞ

サツマイモのキュアリング(貯蔵)とは?

順番に解説していきます。

サツマイモは常に掘りたてが入荷してきているわけではなくて、秋頃までに収穫したものを貯蔵しておき、そこから翌年の6月頃(次の新物の入荷時期)まで出荷されてきます。

通常はその貯蔵を

・温度13~14度

・湿度85~90%

というサツマイモにとって一番いい状態で行います。(貯蔵する理由は後程)

ただ、収穫の時にどうしてもスレ傷や掘り傷などがついてしまうものがあって、それらをそのまま貯蔵してしまうと一番いい状態で貯蔵していても、傷口から菌などが入ってしまうことによって腐ってしまうんですよね。

そこでキュアリングの出番です。

キュアリングとは、

通常の貯蔵する前に4~5日くらい「温度30~35℃」「湿度を90~95%」に調節した場所にサツマイモを置くことによって、収穫時についてしまった傷口にコルクの層を形成させて傷口を塞いでしまうこと

です。

キュアリング処理ともいいますね。

その後に通常の貯蔵をすることで、腐ることを防ぎつつ長期間貯蔵が出来るわけです。

なので、農薬などを使っているわけではないですよ。

キュアリングのメリット(効果):サツマイモにとっていいことばかり!

このキャアリングをするメリットは、腐ることを防ぎつつ長期間貯蔵が出来るだけではなく、

サツマイモがより一層甘くて美味しくなる

ことです。

なぜ甘くて美味しくなるのかというと、

・収穫したてのサツマイモは水分が多い

・そこから貯蔵して適度に水分が抜けることによって甘味が増す

からです。

(これが貯蔵する理由ですね。)

しかも、

キュアリングによって傷口が塞がったサツマイモは病原菌への抵抗力も増していて、高品質のまま長期間貯蔵出来るので、糖化(デンプンが糖に変わること)をより進ませることが出来ますので、その結果としてより糖度が高くて美味しいサツマイモになる。

つまり、キュアリングはサツマイモにとっていいことばかりです。

おわり

ということで簡単にでしたが、サツマイモのキュアリング(貯蔵)についてでした。

お店ではあまり「キュアリング貯蔵」などというPOPは貼られていなかったりしますが、もし「キュアリング貯蔵したサツマイモ」を見つけたら食べてみてくださいね~\(^^)/