不知火(しらぬい)/デコポン/凸百恵(デコ百恵)の違いは?

不知火(しらぬい)/デコポン/凸百恵(デコ百恵)の違いは?

「不知火(しらぬい)」「デコポン」「デコ百恵」の違いは何なんだろう?

上記の質問をよくお客さんからいただきますので、本記事でわかりやすく解説します。

順番に解説していきますので柑橘類好きの方はぜひご一読ください。

不知火(しらぬい)とデコポンの違いは?

不知火とデコポンは同じものですが具体的には違います。

・清見オレンジ×ポンカン=不知火(デコポン)

上記の通りで清見オレンジとポンカンの交配から誕生したのですが、具体的には不知火(しらぬい)が品種名で、その不知火の中で「糖度13度以上・クエン酸1%以下(高糖度・低酸味)」の規準をクリアしてるものがデコポンという名称で出荷されています。

デコポンという名称は平成5年に熊本果実連が商標登録してるのですが、今では全国のJAから出荷される不知火でも、上記の規準をクリアしてるものであればデコポンという名称出荷されています。

ですので、品種は同じだけど味でいうと「不知火>デコポン」ということです。

デコポンの名称の由来と他の可愛い愛称

デコポンという名称の由来は下記の通りです。

・頭(ヘタ)の部分の特徴的な“出っ張り(でっぱり)→「デコ」

・掛け合わせの親であるポンカンの「ポン」

・上記を合わせて「デコポン」

なかなか親しみやすい名前ですよね。

ちなみに生産されている県によって、さらに親しみやす可愛い名前で出荷されていますので紹介します。

・静岡県→フジポン ・愛媛県→ヒメポン

・広島県→キヨポン ・徳島県→ポンダリン

デコポンの中でもとくに優れた最高峰『凸百恵』

上記のデコポンの中でも最高峰の品質を誇るのが、吉森果樹農園さんの商標登録『凸百恵』です。

品質の基準がかなり高く、しかも毎年ずっと安定しています。

贈り物としてもかなりの大人気ですし、品質も安定していますので僕自身もお客さんに自信をもってオススメすることが出来ています。

凸百恵は品質が本当に抜群で安定してるいので、もし近くのお店で取り扱いがなくても、ネットで安心して購入することが出来ます。直接贈り物として送っても喜んでいただけること間違いなしです。

下記のリンクから購入出来ますよ。

不知火(デコポン)の皮は手で簡単に剥けます。

不知火(デコポン)は見た目がゴツゴツしていますので、「皮が剥きにくそう。包丁で切らないといけないのかな…」と思われがちですが、イメージの真逆でみかんと同じように手で簡単に剥くことが出来ます

剥き方としてはデコの方から剥くと簡単です。しかも薄皮(じょうのう)もみかんと同じようにして食べられます。

不知火(デコポン)の旬(時期)は?

不知火(デコポン)の旬(時期)は、例年12月頃から入荷が始まって最盛期が2~4月、そして5月になるとほぼ終わりですね。

ちなみに不知火(デコポン)は収穫した直後だと酸味が強いので、一定期間貯蔵して酸味を抜いてから出荷されています。

あとあまり知られていないかもしれませんが、じつは3月1日は「デコポンの日」なんですよね。理由は平成3年3月1日に熊本県から初めて市場に出荷されたからです。ちょっと予備知識として覚えておいてもらえたらと思います。

ということで、「不知火(しらぬい)」「デコポン」「凸百恵(デコ百恵)」の違いについてでした。参考にしていただけると嬉しいです。