【解決】輸入ぶどうの農薬や防腐剤(防ばい剤・防カビ剤)は大丈夫?/洗い方は?

【解決】輸入ぶどうの農薬や防腐剤(防ばい剤・防カビ剤)は大丈夫?/洗い方は?

皮ごと食べられるレッドグローブやシードレスなどの輸入ぶどうには、防腐剤(防ばい剤・防カビ剤)の表示がされていないけど大丈夫ですか?

輸入フルーツには防腐剤が使われてますよね?

や、また

皮ごと食べられる輸入ぶどうを食べたいけど、防腐剤や農薬が心配…。

確実にキレイに防腐剤や農薬を洗い落とす、何かいい洗い方あります?

などといった疑問や悩みにお答えします。

野菜や果物の販売歴20年以上ですが、上記のような質問をお客さんからいただくことがよくあるんですよね。

そこで本記事では、

・輸入ぶどうの農薬や防腐剤はどうなのか?

・とにかく気にせずに食べることが出来る方法はないのか?

についてお答えしようと思います。

「小さな子供が食べるから心配」「妊娠中だから心配事」「とにかく農薬や防腐剤を気にしたくない」などの不安は要望のある方は、参考にしていただければと思います_(..)_

✔️本記事の内容

【輸入ぶどう】農薬や防腐剤(防ばい剤・防カビ剤)は大丈夫?

下記の通りです。

・輸入フルーツ全てに防腐剤が使用されているわけではなく、輸入ぶどう(レッドグローブやシードレス)などのように「防腐剤使用」の表示をされていないもの防腐剤は使用されていない

・「輸入フルーツ=全て防腐剤使用」は勘違いのイメージ

・農薬については国が定めた基準値以内で使用されているものが流通している

そもそもレッドグローブやシードレスを生産している海外の地域では、もともと「皮ごとぶどうを食べる文化」があるので残留農薬に対する管理基準は、皮を剥いてぶどうを食べる文化の日本よりも高いです。

・日本に輸出する際に残留農薬検査も行われており、それをクリアしているので輸出される

・日本でも輸入する際に残留農薬の検査をし、その基準をクリアしているものが市場に流通する

上記の通りで、その他の「バナナ」「アメリカンチェリー」「マンゴー」などの輸入果物についても同じですね。

ぶどうの皮に着いている白い粉は農薬ではない?

上記のような説明をすると

「ぶどうの皮に白い粉が着いていますが、これ農薬ではないんですか?」

このような質問されるお客さんもいますが、それについての回答は下記の通りです。

・ぶどうの皮に白い粉がついているのは「ブルーム」といって、水分の蒸発を防ぐための果粉

・ブルームがまんべんなくついている=その葡萄が新鮮という証拠

粉がとれてピカピカ(テカテカ?)のものよりも、ブルームがまんべんなくついている方が新鮮なんですよね。

せっかく購入するのであれば、白い粉(ブルーム)がまんべんなくついているものを選んでもらえたらと思います。

とはいえ、食べる前にはきちんと洗ってから食べて下さいね。

残留農薬などを気にせず安心して食べるためには?【洗い方】

いくら防腐剤が使用されていなくて農薬も基準値内の使用でも、やはり食べる前にはきちんと洗った方がいいですね。

とくに皮ごと食べる果物だとなおさらで、しかも小さなお子様のいる方であれば間違いなく農薬の問題は気になりますよね。

そのような方には下記の記事で残業農薬や防腐剤などの洗い方をわかりやすく解説していますので、ぜひご覧いただけたらと思います。

といっても、中には「とにかく手っ取り早く確実に農薬などを洗い落とせるアイテムとかないの?」という方もおられるかと思います。

そのような方には野菜・果物用洗剤おすすめ3選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】でおすすめのアイテムをニーズ別に3つだけ紹介していますので、ぜひご覧いただけたらと思います。

最後に

「輸入ぶどうの農薬や防腐剤(防ばい剤・防カビ剤)は大丈夫なのか?」というテーマでお話ししました。

本記事のポイントを最後にまとめると下記の通りです。

・輸入ぶどうには表示義務のある防腐剤は使用されていない

・農薬は国が定めた基準値以内での使用はされている

・皮に付着している白い粉は新鮮な証拠のブルーム

・食べる時はキチンと洗い流してから食べた方がいい

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

✔️関連記事

【保存版】野菜や果物の農薬・防腐剤除去の方法【栄養豊富な皮ごと食べるためにも】

野菜・果物用洗剤おすすめ3選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】