【プロが解説】輸入ぶどうには防腐剤や農薬は使われている?/皮についている白い粉の正体は何?

野菜果物

輸入ぶどうって防腐剤や農薬は使われてるの?皮ごと食べられるレッドグローブとかシードレスが好きだからちょっと心配…。皮についている白い粉の正体って何?ぶどうの皮を簡単に、ちゃんとキレイに洗う方法とかあれば教えて。

 

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 輸入ぶどうの防腐剤や農薬の使用
  • 皮に付着している白い粉の正体
  • ぶどうの皮を簡単に、ちゃんとキレイに洗う方法

果物販売歴20年以上の僕がわかりやすく解説しますので、とくに「小さな子供が食べるから心配」「妊娠中だけど食べて大丈夫なのか不安」という方は参考にしていただければと思います。

輸入ぶどうの防腐剤や農薬の使用

輸入ぶどうの防腐剤や農薬の使用ですが、答えは以下の通りです。

・グレープフルーツやオレンジに使用されているような防腐剤(防ばい剤・防カビ剤)は使用されていない

・農薬については、国が定めた基準値以内で使用されている

「輸入フルーツは防腐剤が使用されている」と思われがちですが、全部に使われているわけではないですよ。

とはいえ、農薬については国が定めた基準値以内で使用されています。

ですが、レッドグローブやシードレスを生産している国はもともと「皮ごとぶどうを食べる文化」がありますので、残留農薬に対する管理基準は日本よりも厳しいんですよね。

しかも、残留農薬の検査は

  • 輸出する時に生産国で
  • 輸入する時に日本で

ダブルチェックされていますし、その検査をクリアしたものが流通していますので、過剰に心配する必要はないのが現実です。

皮についている白い粉の正体

ぶどうの皮についている白い粉の正体は以下の通りです。

  • 白い粉は「ブルーム」といって、ぶどう自身が水分の蒸発を防ぐために出している果粉
  • ブルームがまんべんなく付着=その葡萄が新鮮という証拠

せっかく買うのであれば、白い粉(ブルーム)がまんべんなくついているものを選んだ方がいいですよ。

ぶどうの皮を簡単に、ちゃんとキレイに洗う方法

いくら防腐剤が使用されていなくて、農薬の使用が基準値内であっても、やはり食べる前にはちゃんと洗った方がいいです。

基本的には「30秒くらい流水で洗い流せばOK」です。

もっと丁寧な洗い方を知りたい方は「【保存版】野菜や果物の農薬・防腐剤除去の方法【栄養豊富な皮ごと食べるためにも】」を参考にしていただければと思いますし、「簡単に手っ取り早く洗える方法ないの?」という方は「野菜や果物をキレイに洗うための専用の洗剤」を使うといいですよ。

おすすめの洗剤は野菜・果物用洗剤おすすめ4選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】で紹介していますので、参考にしてみてください。

おわり

ということで、「輸入ぶどうの防腐剤や農薬」「皮についている白い粉の正体」「皮の洗い方」についてでした。

ポイントをまとめると、以下の通りです。

  • 輸入ぶどうには表示義務のある防腐剤は使用されていない
  • 農薬は国が定めた基準値以内での使用はされている
  • 皮に付着している白い粉は、新鮮な証拠のブルーム
  • とはいえ、食べる時はちゃんと洗った方がいい
  • ちゃんとキレイに洗うには、専用の洗剤を使うのがおすすめ

参考にしていただけると嬉しいです。
» 野菜・果物用洗剤のおすすめ洗剤はこちら