【悩み解決】アメリカンチェリーの農薬や防腐剤が心配だけど大丈夫?/洗い落とす方法は?

【悩み解決】アメリカンチェリーの農薬や防腐剤が心配だけど大丈夫?/洗い落とす方法は?

アメリカンチェリーが大好きだけど、輸入フルーツに使われている防腐剤とか農薬って大丈夫なのかな?

とくにアメリカンチェリーは皮ごと食べるからちょっと心配…。

もし大丈夫でも、絶対に安心して食べられる方法とかあればが知りたいな。

こういった疑問にアメリカンチェリー販売歴20年以上の僕がお答えします。

上記のご質問は、今まで数えきれないくらいお客さんからいただいてきたんですよね。

そこで本記事では実際にお客さんに回答し、そして納得していただいている答えを紹介しようと思います。

同じように疑問に思っている方は参考にしていただければと思います。

【悩み解決】アメリカンチェリーの防腐剤や農薬が心配だけど大丈夫?

防腐剤(防ばい剤)

答えは下記の通りです。

最小限にとどめられており、表示義務のあるレベルでの使用はされていない

理由は下記の通りです。

・柑橘類などの輸入フルーツは船で輸送されるので時間がかかる

→腐るのを防ぐために防腐剤を使用している(表示義務の必要なレベル)

・アメリカンチェリーは飛行機での空輸なので輸送にあまり時間がかからない

→最低限しか使用する必要がない

実際にアメリカンチェリーを仕入れた時の箱にも、使用されていれば記載されているはずの「防腐剤使用」の表示はないですからね。

表示義務のある防腐剤というのは、輸入柑橘類に使用されている下記のようなものです。

イマザリル TBZ(チアベンダゾール)

オルトフェニルフェノール(OPP) ピリメタニル

フルジオキソニル など

これらはアメリカンチェリーには表示されていませんよ。

農薬

答えは下記の通りです。

国が定めている基準値内では使われている

具体的には、黒かび病などを防ぐために使用されるイプロジオンという農薬です。

ただ、このイプロジオンは収穫前には使われていますが、収穫後には使われていません。

なぜかというと、厚生労働省が果実などの収穫後にイプロジオンを使用することを禁止しているからです。

これは輸入フルーツ全般において同じです。

そもそも基準に違反しているものは輸入されないので流通しませんし、収穫前に使用されたイプロジオンは短期間で分解される成分ですので、日本でお店に並ぶ頃にはほぼほぼ残っていないですね。

腐らないほどの農薬が使用されているので危険?

たまに、アメリカンチェリーには腐らないほど農薬がたっぷりと使用されているので残留農薬まみれで危険という情報を目にすることがあります。

ですが、これは完全に間違った情報ですね。

なぜそのように言えるのかというと、20年以上アメリカンチェリーを販売していますが、アメリカンチェリーは間違いなく腐るからです。

このような間違った情報には惑わされないでくださいね。

農薬や汚れを洗い落とす方法

とはいえ、やはり食べる前にはキチンと洗って付着している汚れや農薬は少しでも落とした方がいいです。

具体的な洗い方については、【保存版】野菜や果物の農薬・防腐剤除去の方法【栄養豊富な皮ごと食べるためにも】でわかりやすく解説していますのでご覧いただければと思います。

確実に、しかも簡単に洗い落とす方法

小さな子供が食べるから心配…

妊娠中だから、絶対安心出来る方法が知りたい…

このように思っている方は、野菜・果物用洗剤おすすめ3選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】で農薬や汚れなどを確実に、しかも簡単に洗い落とすためのおすすめの洗剤を紹介していますので参考にしていただければと思います。

おわり

アメリカンチェリーの農薬や防腐剤が心配だけど大丈夫?に対する回答でした。

最後に本記事のポイントをまとめると下記の通りです。

・アメリカンチェリーには表示義務が必要なレベルの防腐剤は使用されていない

・農薬は使用されているが、「アメリカンチェリーは腐らないほど農薬を使用されていて残留農薬まみれなので危険」という情報は嘘(デマ)

・食べる時には「流水」や「重曹」で洗えば基本的にはオッケー

・「小さな子供が食べる」「妊娠中」などで、絶対に安心したい方は専用の洗剤で洗うと悩み解決

本記事がアメリカンチェリーを安心して美味しく食べるためのお役に立つことが出来ると幸いです。

▼関連記事

【保存版】野菜や果物の農薬・防腐剤除去の方法【栄養豊富な皮ごと食べるためにも】

野菜・果物用洗剤おすすめ3選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】