キウイは皮ごと食べると栄養価は2倍以上【毛の洗い方や、農薬の心配も解決】

野菜果物

キウイフルーツは皮ごと食べた方が栄養的にいいと聞いたけど本当?

皮の毛はどうすればいいの?

食べ方は?

農薬とか防腐剤は大丈夫?

こんな疑問に、キウイ販売歴20年以上で、野菜や果物の栄養についてもいろいろ学んできた僕がお答えします。

✔️本記事の内容

・皮ごと食べた方が栄養的にいい理由

・皮の処理方法

・具体的なおすすめの食べ方

・農薬や防腐剤が気にならなくなる方法

参考にしていただけると嬉しいです。

キウイは皮ごと食べると栄養価は2倍以上【毛の洗い方や、農薬の心配も解決】

それでは順番に解説していきますね。

皮ごと食べた方が栄養的にいい理由【栄養価2倍以上】

2倍
キウイは皮ごと食べるとどれくらい栄養的にいいの?

果物や野菜の栄養は果肉部分よりも皮の部分に豊富に含まれていますが、キウイフルーツの場合、以下の栄養素が果肉部分より2倍以上も含まれています。

・ビタミンC ・ポリフェノール ・クエン酸

・食物繊維 ・カリウム ・葉酸 など

つまり、キウイの皮を剥いて食べるのは、これらの栄養素を捨てているのと同じことなのでもったいないです。

ちなみに、キウイの種にはポリフェノールが果肉の50倍も含まれていると言われていますので、キウイは皮ごと全部食べるとまさに栄養の宝庫ですよ。
こーち
こーち

【簡単】皮の処理方法

キウイ 皮 毛
皮の洗い方は?

キウイは皮ごと食べた方が栄養価が高いことがわかっても、いざ食べようとするとまず気になるのがこんな感じの皮の表面に生えている毛ですよね。

この毛は「毛じ(もうじ)」と呼ばれていて、表面にキズがついて雑菌が繁殖したり、害虫に食べられるのを防ぐ役割のために生えています。

毛の洗い方(処理の方法)は簡単で、流水で洗い流しながらスポンジやたわしでこすり洗いすればオッケーです。
こーち
こーち

洗った後の写真がこちら。

キウイの皮を洗った後

明らかにわかるように洗う前のキウイと並べてみるとこんか感じです。

キウイの皮 洗った後の比較

キレイに毛を取ることが出来ますよね。

皮ごと食べるおすすめの方法

おすすめの食べ方は?

キウイを皮ごと食べる時は、皮の毛を洗い落とした後、ヘタを切り落としてから以下のようにして食べるのがおすすめです。

・皮ごと薄切りカット

・皮ごとジュース

皮ごと薄切りカット

薄切りするとこんな感じです。

キウイ 皮ごと カット

あとはこのまま食べればオッケーです。

キウイの皮の酸味が気になる方もいるかもしれませんが、実際に食べてみるとあまり気にならないですよ。

皮ごとジュース

キウイジュース

皮ごとジューサーにかければOKです。

「ジューサーだと栄養素が劣化してしまうのでは?」と思う方も多いかもしれませんが、最新型クビンスホールスロージューサーのような低速回転圧搾式の低速ジューサーを使えば栄養素を劣化させずにジュースを作ることが出来ますよ。

» 安心無償10年保証のコールドプレスジューサーはこちら!

農薬や防腐剤が気にならなくなる方法

キウイ 農薬 心配
皮ごと食べるって、農薬とか防腐剤は大丈夫?

とくに輸入のキウイフルーツであれば気になる方は多いですよね。

答えは以下の通りです。

日本でもっとも多く輸入されているニュージーランド産のキウイは、防腐剤は使用されていない

とはいえ、農薬については使用されているけど、これは国内産でも同じ

農薬は基本的に、流水でスポンジなどを使って洗い流せば問題ないです。出来れば30秒以上が理想ですね。

とはいえ「それでも不安。もっと安心出来る方法ないの?」という方も多いと思います。

そのような方は以下の記事で簡単に農薬などをキレイに洗い落としてくれるアイテムを紹介していますので参考にしてみてください。

▼参考記事

おわり

おわりに

「キウイは皮ごと食べると栄養価は2倍以上【毛の洗い方や、農薬の心配も解決】」というテーマでお話ししましたが、いかがでしたか?

最後に本記事のポイントをまとめます。

・皮には果肉の2倍以上の栄養素が含まれているので皮ごと食べるのがおすすめ(種にはポリフェノールがたっぷり)

・毛(毛じ)は目の粗めのスポンジやたわしでこすり洗いすれば簡単に取れる

・食べ方は「皮ごと薄切りにカットする」「皮ごとジュースにする」のがおすすめ

・ジュースにする場合は最新型クビンスホールスロージューサーを使えばに栄養素を劣化させにくい

・残留農薬がどうしても気になる方は野菜や果物用の洗剤を遣うと安心

以上参考にしてもらえると嬉しいです。

▼関連記事