【保存版】新甘泉と秋甘泉の違い【鳥取県産の人気品種(梨)を比較解説】

野菜果物

 
悩む女性

鳥取県産の「新甘泉」「秋甘泉」、名前がよく似てるけどどう違うの? どっちが美味しくて人気があるのかな?

こんな疑問に、梨販売歴20年以上の僕がわかりやすくお答えします。

その“美味しさ”から、どちらも年々人気が高まっている品種です。

参考にしていただけると嬉しいです。

【保存版】新甘泉と秋甘泉の違い【鳥取県産の人気品種(梨)を比較解説】

【保存版】新甘泉と秋甘泉の違い【鳥取県産の人気品種(梨)を比較解説】

読み方/名前の由来

まず、それぞれの読み方は以下の通りです。

  • 新甘泉 → しんかんせん
  • 秋甘泉 → あきかんせん

そして、名前の由来は以下の通りです。

  • 新甘泉 → しくさあふれる、のような梨
  • 秋甘泉 → を感じるさたっぷり、のような梨

見た目の違い

見た目の違いは冒頭の写真と同じですが、こんな感じです。

よく似ていますが、少し色の感じが違います。

掛け合わせ

それぞれの交配(掛け合わせ・親)は以下の通りです。

  • 新甘泉 → 筑水梨 × おさ二十世紀梨
  • 秋甘泉 → おさ二十世紀梨 × 豊水梨

味や食感の違い(特徴)

それぞれを食べてみた感想はこんな感じです。

  • 新甘泉 → 糖度が高く(甘味が強く)酸味は少なめで、青梨特有のシャキシャキした食感で、果汁は溢れるほど
  • 秋甘泉 → 新甘泉に比べるとシャキシャキ感は少なめ。でも甘味は強く、果汁は新甘泉に劣らず豊富

時期(旬)

入荷してくる時期は少しだけ違っていて、毎年以下のような感じですね。

  • 新甘泉 → 8月下旬~9月中旬
  • 秋甘泉 → 9月上旬~10月上旬

「新甘泉の時期が終わる頃に、秋甘泉が出回り始める」という感じですね。(9月上旬~中旬は少しかぶります)

お客さんに人気あるのは、圧倒的に「新甘泉」

お客さんに人気あるのは、圧倒的に「新甘泉」

ではどっちが人気があるのか?

僕のお店でのお客さんの反応はほぼほぼこんな感じです。

新甘泉の方が圧倒的に人気!

新甘泉はシーズンが終わってからもしばらくの間は「新甘泉、次はいつ入荷するの?」とお客さんに質問されますからね。

ちなみにですが、「新甘泉は入荷が終わりまして、次に秋甘泉が入荷していますよ。」ということで(秋甘泉を)おすすめしたお客さんの感想は…、ほとんどの方が「ぜんぜん誓う。新甘泉の方が美味しいね…」になります。

とはいえ、どちらも鳥取県が光糖度センサーで高糖度センサーで高糖度のものだけを選別して出荷してくれていますので、美味しさは安定していますよ。

贈り物(プレゼント)にしようと思うけど、どっちがおすすめなのかな?

答えは下記の通りです。

新甘泉の入荷がある時期は圧倒的に新甘泉がおすすめ!

これが正直な答えです。

新甘泉については美味しい梨の品種/実際に売れている人気の梨ランキングBEST5でも紹介しているように、とにかく超絶大人気の品種なんですよね。

とはいえ、秋甘泉も年々人気が上昇してきていますよ。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます

新甘泉(8月下旬~9月中旬頃)

秋甘泉(9月上旬~10月上旬頃)

おわり

ということで、鳥取県産の美味しくて人気のあるおいしい新品種「新甘泉」「秋甘泉」の違いでした。

間違いなく美味しく、そして絶対的に人気があるのは新甘泉の方ですね。

以上、参考にしていただけると幸いです

✔️人気関連記事

【保存版】美味しくて人気の梨9選【贈り物にもおすすめ!】