太陽のタマゴと普通の宮崎マンゴーの違いを、プロが具体的にわかりやすく解説!

太陽のタマゴと普通の宮崎マンゴーの違いを、プロが具体的にわかりやすく解説!
太陽のタマゴと普通の宮崎マンゴーって具体的にどう違うんだろう?

こんな疑問にマンゴー販売歴20年以上の僕が、どこよりもわかりやすくお答えします。

本記事を読むことで太陽のタマゴと普通の宮崎マンゴーの違い(差)をスッキリ理解することができますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

太陽のタマゴと普通の宮崎マンゴーの違い

どちらも宮崎県産のアップルマンゴー(アーウィン種)で品種はまったく同じです。

その中で一定の基準を満たしているもの「太陽のタマゴ」というブランド名で出荷されています。

基準は下記の通りです。

・糖度15度以上

・重さ350g以上

・カタチと色が美しい(色は果皮の2/3以上が赤色)

つまり宮崎マンゴーの中で最高品質のものが太陽のタマゴということです。

少し掘り下げて解説しますね。

糖度15度以上

糖度17度

糖度が15度以上なので、太陽のタマゴはとにかく甘味が濃いです。

それでいて果肉がキメ細かで果汁が豊富なので、食べると口の中でとろけるんですよね。

太陽のタマゴ=マンゴーの極上の美味しさ

です。

重さ350g以上/見た目の美しさ

太陽のタマゴは重さが350g(2Lサイズ)以上で、さらに色づきが美しいという条件をクリアしないといけません。

これが太陽のタマゴです。

太陽のタマゴ

味はもちろんのこと見た目も最高なので、贈答品としても喜ばれていますよ

しかもこのような化粧箱に入っています。

太陽のタマゴ 化粧箱

太陽のタマゴにも赤秀と青秀あり

じつは太陽のタマゴにもランクがあります。

・赤秀

・青秀

味に違いはないのですが、外観(美しさ)で分けられています。

赤秀 > 青秀

最高クラスの美しさ(赤秀)に少しだけ及ばないのが青秀という感じですね。

正直…、そこまでの違いはわからないです。

見分け方としては「太陽のタマゴ」シールの他に貼られている完熟マンゴーシールの色が青色と赤色に分けられています。

こんな感じですね。(写真は青秀)

太陽のタマゴ 青秀

箱の側面に記載されている「秀」も色が違います。

こんな感じですね。

太陽のタマゴ 箱側面青秀

宮崎マンゴーの中でも太陽のタマゴとして出荷されるのは全体の10~15%で、しかもその中で最高品質の赤秀として出荷されるのは全体の5%程度です。

ちなみに名前の由来は、

・太陽をイメージさせる濃い赤色

・恐竜のタマゴみたいなカタチ

からですね。

ちなみにですが、上記の太陽のタマゴの基準には届かないけど、

・糖度13度以上

・重さ310g以上

のものは「完熟マンゴー」として出荷されていますよ。

宮崎マンゴーが美味しい理由

宮崎マンゴーが安定して美味しいのは、

・温室栽培

・熟成方法

この2つにポイントがあります。

温室栽培

・温度や湿度が不安定な状態(露地)での栽培→品質は安定しにくい

・温度や湿度が安定している温室での栽培→品質が安定しやすい

宮崎マンゴーは温室栽培されています。

なので、費用がかかる分だけ少し価格的には高くなりますが、品質は安定しているわけです。

熟成方法

そして宮崎マンゴー最大の美味しさの秘訣が熟成方法(収穫方法)です。

宮崎のマンゴーは下記のように収穫されています。

・木の上で熟成させる

・熟成して完熟したマンゴーは自然に枝から落る

・完熟して自然に落下するマンゴーを、傷がつかないようにネットで受け止める

つまり、最高に美味しい状態で収穫しているので、宮崎マンゴーは美味しいわけです。

太陽のタマゴの時期(旬)

時期 旬 カレンダー

太陽のタマゴが市場によく出回るのは、

例年、6月上旬~7月下旬頃

ですね。

宮崎マンゴーは4月中旬頃から入荷が始まって8月上旬頃まで多く市場に出回りますが、太陽のタマゴはその中でも6月上旬~7月下旬頃に最も多く出回りますね。

ちょうど父の日やお中元などタイミングですので、贈答品として贈る方も多いですよ。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます

おわり

ということで、太陽のタマゴと普通の宮崎マンゴーの違いについてでした。

ただでさえ美味しい宮崎マンゴー、その中の最高グレード“太陽のタマゴ”。

その美味しさは間違いないですので、大切な方への贈り物で「何にしよう???」と悩んでいる方は、選択肢のひとつとして参考にしてみてくださいね。

以上になります。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます