【果肉写真あり】台湾マンゴーとタイマンゴー(マハチャノ)の違いは?美味しくて人気があるのはどっち?

【果肉写真あり】台湾マンゴーとタイマンゴー(マハチャノ)の違いは?美味しくて人気があるのはどっち?
台湾マンゴーとタイマンゴー(マハチャノ)、美味しくて人気があるのはどっちなんだろう?

それぞれの特徴や味なんかも教えてもらえると嬉しいな。

今回はこんな疑問に、マンゴー販売歴20年以上の僕がわかりやすくお答えします。

✔️本記事の内容

・台湾マンゴーの特徴/味(果肉写真あり)

・タイマンゴー(マハチャノ)の特徴/味(果肉写真あり)

・どっちが人気があるのか?

どちらも果肉の写真まで紹介しますので、マンゴー好きの方の比較しつつ参考にしていただければと思います。

台湾マンゴーの特徴/味

台湾マンゴー

主な特徴はこんな感じです。

・アーウィン種(宮崎マンゴーと同じ品種)

・平均糖度は15度前後

・温室栽培ではなく露地栽培(自然のままなので色にムラあり)

味はこんな感じです。

濃厚な甘味でクリーミー(露地栽培のため、ちょっとばらつきあり)

そして果肉の写真がこちらです。

台湾マンゴー 果肉

タイマンゴー(マハチャノ)の特徴/味

タイマンゴー(マハチャノ)

・(日本で出回るのは主に)アーウィン種

・平均糖度は15度前後

・(基本的に)露地栽培(有袋栽培されている農園もあり)

味はこんな感じです。

・繊維質が少ない

・果肉がとても柔らかく、滑らかな口当たり

・しっかりとした甘味と、適度な酸味

そして果肉の写真がこちらです。

タイマンゴー 果肉

人気があるのはどっち?

どちらもそれぞれファンの方がいますが、“どっちの方がお店で人気があるのか”でお答えすると下記の通りです。

台湾マンゴー > タイマンゴー

台湾マンゴーの方が人気がありますね。

その理由は下記の通りです。

・台湾マンゴーが宮崎マンゴーに似ているから

・日本人はアーウィン種の方が馴染みがあるから

おわり

ということで、台湾マンゴーとタイマンゴー(マハチャノ)についてでした。

同じマンゴーでも見た目がまったく違って面白いです。

お店ではどちらかというと台湾マンゴーの方が人気があって売れていますが、とはいえタイマンゴーも美味しく人気があります。

マンゴー好きな方はぜひ食べ比べしてみてくださいね。

贈り物にしても喜ばれますよ。

以上になります。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます