9月になっても美味しい桃はある?贈り物にしても大丈夫?

9月になっても美味しい桃はある?贈り物にしても大丈夫?
夏が終わりに近づくと桃を見かけることが少なくなるけど、9月でもまだまだ美味しい桃ってありますか?

もしあるなら、どの品種が美味しいのか教えてください。

贈り物としてはもうやめておいた方がいいですか?

こういった疑問に、桃販売歴20年以上の僕がお答えします。

毎年9月になるとお客さんからよくいただくご質問なんですよね。

そこで本記事では、9月になってもまだまだ美味しい桃の品種を具体的に紹介しようと思います。

もちろん美味しいですし、贈り物としてもおすすめの品種です。

夏の終わりに美味しい桃の品種を知りたい方は、参考にしていただければと思います。

9月になっても美味しい桃の具体的な品種

桃

9月でもまだまだ美味しい桃はあるのか?

答えは「あります」です。

具体的には下記の品種ですね。

・紅晩夏

・さくら白桃

贈り物としてもおすすめ、しかも喜ばれていますよ。

それぞれ簡単に紹介します。

紅晩夏

紅晩夏

名前の通り、紅色がキレイで夏の終わり頃が最盛期(旬)の晩生種の桃です。

あまり生産量は多くないので知らない方の方が多いと思いますが、特徴は下記の通りです。

・長野県で誕生した新品種

・大玉

・果肉はかため

・糖度12度程度(上品な甘さ)

・果汁は多い

・8月下旬~9月上旬が最盛期

次に、もうひとつの品種「さくら白桃」を紹介します。

さくら白桃

さくら白桃

毎年シーズンの終わり頃、つまり9月になると入荷量が増えてくる晩生種の桃です。

「さくら白桃が入荷してきたから、そろそろ桃のシーズンも終わりに近いな」と毎年9月になると思いますね。

主な特徴は下記の通りです。

・山梨県で誕生

・大玉

・果肉はかためで、(追熟しなければ)カリカリとした歯ごたえ

・糖度は15度以上になるものも

・果汁は適度

・9月上旬~9月中旬が最盛期

晩成種の桃が甘くて美味しい理由

上記で紹介した紅晩夏とさくら白桃は、夏が終わりに近づく9月になってから甘くて美味しい桃になりますが、その理由はどうしてなのか?

理由は下記の通りです。

成熟期間がとても長い

→ 果肉が凝縮され、ずっしりと重みのある大玉に育つ

→糖度はその分濃く(高く)なる

ちなみにですが、どちらも収穫したては固すぎるといっても過言ではない桃ですが、常温で数日置いておいて追熟させておくと果肉が滑らかでキメ細かくなり、果汁溢れる濃厚な甘味で最高の桃になります。

食べる直前に2~3時間程度冷蔵庫で冷やしてから食べると本当に最高ですよ!

贈り物にもおすすめ

贈り物

上記で紹介した「紅晩夏」と「さくら白桃」は、9月の贈り物としてもおすすめです。

「9月に桃…、もう贈り物にするには遅いかな…」と悩まなくて大丈夫です。

桃好きの方への贈り物にすると、喜ばれること間違いなしですよ。実際お店では喜ばれている声を数多く聞きますからね。

おわり

9月になっても美味しい桃はある?贈り物にしても大丈夫?というテーマでお話ししましたが、いかがでしたか?

9月、つまり桃の本格的シーズンが終わりになる頃(9月)に入荷量が増える「紅晩夏」と「さくら白桃」は、桃好きな方はもちろん、桃好きな大切な方への贈り物としてもおすすめの品種です。

以上参考にしていただけると嬉しいです。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます