美味しい桃の簡単な見分け方【選び方/目利きのポイントをプロが解説】

美味しい桃の簡単な見分け方【選び方/目利きのポイントをプロが解説】

甘くて美味しい桃の選び方が知りたい。

せっかく買っても美味しくなかったらイヤだし。

何か簡単に美味しい桃を見分ける方法ないかな。

こういった疑問にお答えします。

[ おいしい桃の見分け方 ] などと調べても、さまざまな情報があってよくわからない方も多いと思います。

そこで本記事では、桃販売歴20年以上で市場での仕入れからお店での販売までしている僕が、市場で仕入れる時に、甘くて美味しい桃を見分けて選んでいる方法(目利きしている方法)を、わかりやすく簡潔にポイントをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います(*`・ω・)ゞ

【簡単】美味しい桃の選び方【見分け方のポイントをプロが解説】

まず最初に、甘くて美味しい桃を選ぶ時のポイントをまとめて紹介しておきますね。

あとで掘り下げて解説しますが、ぶっちゃけ下記のポイントだけ読んでいただければ、甘くて美味しい桃を選ぶことが出来ますよ~(o^-‘)b !

・縫合線(割れ目)を中心に左右がふっくら対称になってるもの

・形がなるべく真ん丸なもの

・果皮に産毛がしっかり残っていているもの

・全体に着色していて、果皮の枝の部分までしっかり色づきしているもの

・薄いピンク色よりも赤みが強く(濃く)鮮やかな色のもの

・下側の色が白みがかっているもの

・果皮表面に果点があるもの

・甘い香りがするもの

・ずっしりと重たいもの

ということで、上記が甘くて美味しい桃の選び方(見分け方のポイント)です。

それではそれぞれを掘り下げて解説していきますね。

縫合線(割れ目)を中心に左右がふっくら対称になってるもの

縫合線(割れ目)を中心に左右が対称でふっくらしているものがいいですね。

なぜかというと、理由は下記の通りです。

左右対称ではない変なカタチをしている桃は、成長の途中で何かしらの障害が出た可能性があるので、味が安定しない場合があるから。

やはり順調に育った方が美味しさも安定しますからね。

ちなみにですが、以前に生産者の方から「縫合線(割れ目)が浅めの方が甘いよ」と聞いたことがあるのですが…、気になって何度も糖度を試して計測しましたが…、ぶっちゃけ「浅い=甘い」「深い=甘くない」ではないですね( ̄▽ ̄;)

形がなるべく真ん丸なもの

なかなか完璧なものはないですが、なるべくカタチが丸い方がいいですね。

なぜかというと、理由は下記の通りです。

カタチが真ん丸に近い方が、味にムラがないから。

食べた部分によって味が濃かったり薄かったりしない方がいいですからね。

果皮に産毛がしっかり残っていているもの

こんな感じで、表面に産毛が残っている方がいいですね。

理由は下記の通りです。

新鮮

まさにこれです。

全体に着色していて、果皮の枝の部分までしっかり色づきしているもの

こんな感じで、しっかり枝の方まで色づいている方がいいですね。(写真の白い部分は枝があった部分ですよ)

理由は下記の通りです。

しっかり全体的に太陽の光をたっぷり浴びているから。

もちろんその方が果実は美味しく育ちますからね。

薄いピンク色よりも赤みが強く(濃く)鮮やかな色のもの

これは似たような理由ですが、下記の通りです。

太陽の光をたっぷり浴びて、しかもしっかりと熟してから収穫されているから。

色の薄い桃よりも明らかに甘くて美味しいです。(白桃の場合であれば白い色がキレイで鮮やかなものを選べばOKです。)

下側の色が白みがかっているもの

太陽の光が当たって赤くなっている部分以外の部分が、緑色っぽくなく白みがかっているものということです。

理由は下記の通りです。

・緑色っぽい → 未熟

・白みがかっている → 熟している

もちろん、熟している方が甘くて美味しいです。

果皮表面に果点があるもの

じつはこれがかなりのポイントです。

果点というのは、果皮の表面にある白いそばかすのように見える斑点で、こんな感じです。

見た目はあまりよろしくないですが、果点は美味しさの証拠なんですよね。

なぜかというと、

果実が樹上で太陽の光をたっぷり浴び、養分がしっかり果実にいきわたって中身が熟し、皮に亀裂が入ることで出来るものだから。

ですので、果点が果皮表面全体に散らばっていればいるほど甘くて美味しい証拠です。

甘い香りがするもの

当たり前と言えば当たり前ですが…

甘い香りがする = 甘い

上記の通りですf(^_^;

ずっしりと重たいもの

同じ大きさのものであれば、また、その大きさにしてはズッシリと重みを感じる方の桃が美味しいですね。

理由は下記の通りです。

重たい=果汁をたっぷり含んでいる

これはどんな果物にも共通して言えることです。

おわり

ということで、甘くて美味しい桃を選ぶ方法(見分ける方法)についてでした。

もう一度最後に、甘くて美味しい桃を選ぶポイントを記しておきますね。

・縫合線(割れ目)を中心に左右がふっくら対称になってるもの

・形がなるべく真ん丸なもの

・果皮に産毛がしっかり残っていているもの

・全体に着色していて、果皮の枝の部分までしっかり色づきしているもの

・薄いピンク色よりも赤みが強く(濃く)鮮やかな色のもの

・下側の色が白みがかっているもの

・果皮表面に果点があるもの

・甘い香りがするもの

・ずっしりと重たいもの

ぜひ参考にしていただければと思います_(..)_