あんぽ柿と干し柿の違いは? どっちが高級で贈り物に喜ばれる? にプロが回答

野菜果物

あんぽ柿と干し柿ってどう違うの?どっちが高級で、贈り物にして喜ばれる?

 

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • あんぽ柿と干し柿の具体的な違い
  • どちらが高級で贈り物として人気があるのか

果物販売歴20年以上で青果バイヤーの僕がわかりやすくお答えしますので、参考にしていただければと思います。

あんぽ柿と干し柿の具体的な違い

あんぽ柿と干し柿の具体的な違い

あんぽ柿と干し柿の具体的な違いは「作り方の違い」によるものです。

以下でわかりやすく解説します。

作り方

大まかに説明すると、以下の通りです。

  • あんぽ柿 → 硫黄(温泉の)で燻して渋を抜いて、そのあと軽く干して乾燥させる(半乾き)
  • 干し柿 → ただ単に干して乾燥させ渋を抜く

この作り方の違いが、あんぽ柿と干し柿の特徴の大きな差を生み出します。

水分の含有量

一番の違いが含まれている水分量で、以下のような感じです。

  • あんぽ柿 → 約50%
  • 干し柿 → 約20~30%

あんぽ柿は先に硫黄で渋を抜いていますが、干し柿は乾燥されることだけで渋を抜くのでこの差が生まれます。

果肉や食感

上記の違いは、果肉や食感に大きな差を生みます。

  • あんぽ柿 → 皮も中身も干し柿より柔らかく、トロリとしたゼリーのような食感
  • 干し柿→あんぽ柿に比べて皮も中身も硬め(いいように言えば甘味が凝縮されている)

こんな感じですね。

見た目

必然的に見た目も明らかに違います。

  • あんぽ柿 → 鮮やかな柿色(オレンジ色)でみずみずしい
  • 干し柿 → あんぽ柿に比べて黒っぽく、表面に白い粉のようなものが吹くことが多い

これらが「あんぽ柿と干し柿はの違い」になります。

どっちが高級で、贈り物にして喜ばれるのか?

どっちが高級で、贈り物にして喜ばれるのか

「あんぽ柿と干し柿はどっちが高級で贈り物に喜ばれるの?」というご質問をお店でもいただくことがありますが、答えは以下の通りです。

どちらが高級ということはなく、お客様の好みによる。ご年配の方には柔らかいあんぽ柿を贈った方が食べやすいので喜ばれるかも!

「あんぽ柿は干し柿の硬さが苦手な方でも食べやすい」というのがポイントです。

おわり

おわりに

ということで、あんぽ柿と干し柿の違いについてでした。

それぞれの特徴をわかりやすくまとめると以下の通りです。

あんぽ柿

硫黄(温泉の)で燻して渋を抜いて、そのあと軽く干して乾燥させる(半乾き)

→水分量が干し柿より多い(含有量:約50%)

→皮は干し柿よりも柔らかく、中身はトロリとしたゼリーのような食感

見た目:鮮やかな柿色(オレンジ色)でみずみずしい

干し柿

ただ単に干して乾燥させ渋を抜く

→あんぽ柿に比べると皮が硬く、水分量は少ない(20~30%)

→皮も中身もあんぽ柿よりも硬めの食感(甘味が凝縮)

見た目:黒っぽく、表面に白い粉のようなものが吹いている場合が多い

そして「どちらが高級で贈り物として喜ばれるのか?」については

  • どっちが高級というわけではない
  • 見た目や食感による、お客さんの好みによる
  • ご年配の方には柔らかいあんぽ柿を贈った方が食べやすいので喜ばれるかも!

以上、参考にしていただけると嬉しいです。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます