りんごの皮の黒い斑点、原因や正体は何?/食べて大丈夫?

りんごの皮の黒い斑点、原因や正体は何?/食べて大丈夫?

りんごの皮に黒い斑点があるのをたまに見るけど…、なんか気持ち悪いな。

原因や正体って何なんだろう?

見切り品コーナーで売られていることもあるけど、食べても大丈夫なのかな?

こんな疑問に、りんご販売歴20年以上の僕がお答えします。

用途によってはお得だったりしますので、同じような疑問のある方は、参考にしていただければと思います。

りんごの皮の黒い斑点、原因や正体は何?

どんな感じなのか?

記事冒頭の写真と同じですが、こんな感じです。

正体(原因)は?

正体(原因)は主に下記のどちらかです。

・黒点病

・すす病

それぞれの見た目はよく似ています、こんな感じです。

・黒点病 → りんごの皮に2~3ミリのゴマ状の斑点ができるもので、斑点の色は深緑色~黒色の斑点

・すす病 → りんごの皮に黒いすすのような斑点ができるもので、斑点の色はぼんやりとした薄い墨みたいな斑点

原因は?

原因は何かなのか?

答えは下記の通りです。

どちらも病原菌となる胞子が果実に付着して斑点になっている

とくに、雨が多くて気温が高いときに発生することが多いですね。

どちらも潜伏期間が…

黒点病とすす病ですが、どちらもインフルエンザのように潜伏期間ありです。

ですので、下記のようなことが起こったりします。

・市場で仕入れる時点ではなかったのに店に置いていると出てきた…

・お店で買った時にはなかったのに、家でしばらく置いていたら出てきた…

黒点病やすす病のりんごは食べても大丈夫?

「食べても大丈夫?」が一番気になるところだと思いますが、答えは下記の通りです。

皮を剥いて中身がキレイなら食べても大丈夫

黒い斑点が出ていても、ほとんどの場合皮を剥けば果肉はキレイな場合が多いですからね。

だから、黒い斑点が出てしまったりんごは、お店で「ワケありジュース用」や「選外品」などの“おつとめ品”としては販売されているわけです。

皮をキレイに剥けば問題ないですが、もし「農薬とかも気になるし、少しでもキレイに洗ってから食べたい。」と思う方は、下記の記事で野菜や果物の農薬や汚れをキレイに洗い落とすための洗剤を紹介していますので参考にしていただければと思います。

黒点病やすす病のりんごの利用方法

黒点病やすす病のりんごは、下記のような用途で購入する方にはおすすめです。

・ジュース用

・ジャム用

激安で売られている場合はかなりの狙い目ですよ。

理由は下記の通りです。

・ほとんどの場合は皮を剥いてしまえばキレイで問題ない

・見た目は悪いし日持ちもしないので格安で販売されている

「皮を剥いてキレイであれば気にしない」という方はぜひ。

ちなみにジュースして飲む時は最新型クビンスホールスロージューサーを使うと、栄養素をほとんど劣化させずに摂取することが出来るのでおすすめです。

»安心無償10年保証の低速ジューサーはこちら!

おわり

最後にポイントをまとめますね。

・りんごの黒い斑点の正体→「黒点病」「すす病」

・原因→病原菌となる胞子が果実に付着(潜伏期間あり)

・皮を剥いてキレイなら食べても大丈夫で問題なし

・オススメの用途はジュースやジャム用

以上、参考にしていただけると嬉しいです。

▼人気関連記事