【写真あり】マンゴーの皮の黒い斑点(シミ)、正体や原因は?/食べても大丈夫?

野菜果物

 
悩む女性

「マンゴーの皮に黒い斑点があるのをたまに見るけど、正体や原因って何? 見切り品(おつとめ品)で安く売られていたりするけど、食べても大丈夫なの?」

こんな疑問お答えします。

本記事の内容

  • マンゴーの皮の黒い斑点(シミ)、正体と原因
  • 食べても大丈夫なのか?

マンゴー販売歴20年以上の僕が、黒い斑点(シミ)のあるマンゴーを切ってみた写真付きで解説しますので、参考にしていただければと思います。

マンゴーの皮の黒い斑点(シミ)、正体と原因

マンゴーの皮の黒い斑点(シミ)、正体や原因

黒い斑点(シミ)の正体:炭疽病

さっそく答えをお話しすると、黒い斑点(シミ)の正体は「炭疽病(たんそびょう)」です。

炭疽病というと、映画「アンフェア」を知っている人であれば“黒色炭疽菌”を思い出して、「移ったらヤバイ…」と思う方も多いと思います。

でも安心してください。

炭疽病の原因の前に、「食べても大丈夫?」にお答えします。

黒い斑点(シミ)、つまり炭疽病の部分を切り落とせば、食べても大丈夫

黒い斑点(シミ)、つまり炭疽病の部分を切り落とせば、食べても大丈夫

答えは「炭疽病の部分を切り落とせば、食べても大丈夫」です。

なぜかというと、植物の炭疽病は人間には移らないからです。

黒い斑点(シミ)になっている部分を切り落として、果肉が黒くなければ問題なく食べることができますよ。

炭疽病が出ているマンゴーを切った写真がこちらです。

炭疽病のマンゴーを切った写真

そして、皮を剥いでみるとこんな感じです。

炭疽病のマンゴーの、皮を剥いた写真

上記の写真のようき、皮に炭疽病があったとしても、切ったり皮を剥いたりして、果肉がキレイなのであれば食べても大丈夫です。

もちろん、黒い斑点(シミ)の部分を手で触ると凹んでしまい、果肉の部分まで変色している状態のものは食べない方がいいですよ。

炭疽病の原因

マンゴー、炭疽病の原因

炭疽病になる一番の原因は「湿度」です。

湿度が高い状態が続くと、果実や葉などにもともと付着している炭疽病菌が多く発生してしまうんですよね。

そして果肉に付着してしまった炭疽病菌が、時間が経過すると黒い斑点(シミ)になるわけです。

炭疽病、これは薬剤防除の回数が少ない証拠

炭疽病が出てしまったマンゴーを見ると、「気持ち悪いな~」と思うかもしれませんが、逆にこれは「薬剤(農薬など)を使った防除(病害虫などの駆除)の回数が少ない証拠」とも考えることもできますよ。

おわり

おわりに

ということで、「マンゴーの皮の黒い斑点(シミ)の正体や原因」と「食べても大丈夫?」への回答でした。

結論をまとめると以下の通りです。

  • マンゴーの皮の黒い斑点(シミ)の正体は炭疽病
  • 植物の炭疽病は人間には移らないので、その部分を切り落として果肉がキレイなら食べても大丈夫
  • 原因は湿度が高いことによって、果実や葉などにもともと付着している炭疽病菌が多く発生してしまったこと
  • 炭疽病が出るのは、薬剤による防除回数が少ない証拠

参考していただけると嬉しいです。

人気記事フルーツギフトは、どこで買うのが安心?【おすすめは「蝶結び」一択】

人気記事野菜/果物用おすすめ洗剤【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】