ニュージーランド産ロキットアップルってどんな特徴のりんご? 味は美味しいの?

ニュージーランド産ロキットアップルってどんな特徴のりんご? 味は美味しいの?
ニュージーランド産のロキットアップルってどんな特徴のりんごなんだろう?

メチャメチャ小さいけどどんな味なのかな?

輸入のりんごだから、防腐剤とかワックスがたくさん使われていたりするのかな?

こんな疑問にお答えします。

本記事でわかりやすくロキットアップルを紹介しますので、りんご好きの方や、夏場に食べられる美味しいりんごを探している方は参考にしていただければと思います。

それではさっそく紹介しますね!

ニュージーランド産ロキットアップルってどんな特徴のりんご?

ロキットアップルはこんなりんご(品種)です。

15~20年の歳月をかけて自然交配から誕生した、ニュージーランド生まれのミニチュアりんご(品種)

・日本ではりんごが少ない夏場に輸入されてくる

とにかくミニチュア

どれくらい小さいのか?

普通のりんごと大きさを比較した写真がこちら。

国産のふじりんごと並べて撮影した写真になります。

かなり小さいのがわかりますよね。

“丸かじり”に最高のりんごです。

夏場に輸入(入荷)

輸入

日本では夏場になるとりんごは貯蔵物も減ってかなり少なくなりますが、ニュージーランド産のロキットアップルはそのタイミングが新物で、とても美味しく食べることができます。

なぜかというと、ニュージーランドは南半球にあるので、日本とは季節が真逆だからです。

日本では2018年6月より輸入されて販売スタートしていますよ。

どんな味?美味しいの?

実際に食べてみた感想がこちらです。

・甘味が強くて酸味は少なめ

・果汁は適度

・果肉は固めでシャシシャキ食感

正直、かなり美味しいりんごですね。

パートさんたちにも食べてもらった結果、食べた瞬間に「これ、美味しい!」という反応で、実際お客さんからも大好評でした。

ちなみに実際に切ってみた時の写真がこちらです。

オシャレな容器に入っているので持ち運びも便利、しかもインスタ映え!?

ロキットアップルはオシャレな容器に入っているので持ち運びにも便利なんですよね。キャンプやバーベキューの時に持っていくと話題になっても面白いかもしれませんよ!

あと、お店に買い物に来られた女子高生の方から「このりんご可愛い~!なんかインスタ映えしそうですよね!リボンとかつけてもらえたりします?」と言われましたね 笑

防腐剤やワックスは?

輸入フルーツと聞くと「防腐剤やワックスが使われているからイヤだ」という方も多いですが、ロキットアップルには使われていませんので安心してください。

国産のりんごと同じように、皮ごと安心して丸かじりで食べることができます。

皮ごと食べることで、果肉との間に多く含まれている

・食物繊維 ・ビタミンC ・カリウム

・ミネラル ・ポリフェノール

などの栄養を無駄なく摂取できますよ。

農薬は国産と同じレベル(基準値内)

防腐剤やワックスは使用されていませんが、農薬は使用されています。でも国が定めている基準値内ですので安心してください。

とはいえ「ちょっとした農薬でもイヤだ」という方もおられると思います。そのような方は専用の洗剤でしっかり洗ってから食べてもらえればと思います。

おすすめの洗剤については下記の記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

»野菜・果物用洗剤おすすめ5選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】

おわり

ニュージーランド産ロキットアップルについてでした。

日本ではまだまだ珍しいりんごと思われていますが、じつは世界中ではすでに多くの国で食べられていて、27ヵ国で販売されているという大人気のりんごなんですよね。

現在では栽培されているのはニュージーランドだけではなく、北半球の国でも栽培されていますので、将来的には一年中美味しく食べることができるようになるかもしれませんね。

もし見かけた時は、ぜひ食べてみてください!

以上になります。