愛媛県産紅まどんなの特徴/あいか(愛果)との違いは?

愛媛県産紅まどんなの特徴/あいか(愛果)との違いは?

愛媛県の紅まどんなってどんな味なのかな?

なんか特徴とかあれば知りたいな。

食べ方はミカンと同じような感じでいいのかな?

紅まどんなは「あいか(愛果)」と聞いたけど、お店では別々に売られてた…。どう違うんだろう?

いつくらいの時期に入荷してくるのかな?

贈り物には向いているのかな?

こういった疑問に、果物販売歴20年以上の僕がわかりやすくお答えします。

まず先に「紅まどんな」と「あいか」の違いから解説していきますね。

紅まどんなあいか/(愛果)の違いは?

答えは下記の通りです。

・どちらも同じで「南香×天草」から誕生した「愛果28号」という品種

・その中でJA全農えひめが厳しく設定している品質基準をクリアしたものが「紅まどんな」として出荷される

品質基準は、

・糖度10.5度以上

・酸度1.2%未満

・色や形がよくキズなどがない

ですね。

つまり、あいか(愛果)のランクの上のものが紅まどんなです。

紅まどんなの特徴は?/味や食感、果汁など【糖度計測値あり】

外観と果肉

こんな感じです。

外皮も薄皮(じょうのう)も、とにかく薄い

これは明らかに美味しい柑橘類の特徴ですね。

果肉の食感や果汁

これが紅まどんな最大の特徴ですが、

果肉の食感は、まるで“ぷるんぷるん”のゼリーのよう

なんですよね。

そして、果汁は溢れんばかりに多く、滴り落ちます

味【糖度計測値あり】

とにかく甘く、そして適度な酸味もあり最高

ですね。

紅まどんなの糖度基準は10.5度以上ですが、実際に計測してみると13度を超えるものもあります。

こんな感じですね。

おいしい食べ方は?

ぷるんぷるんのゼリーのような果肉で、外皮はかなり薄くて剥きにくいですので、縦にナイフを入れてスマイルカットにすると食べやすいです。

時期(旬)は?

11月中下旬から入荷が始まり、12月末頃まで入荷あり

という感じですね。

贈り物にして喜ばれる?

喜ばれること間違いなし

ですね。

実際、その美味しさから毎年贈り物としても購入されるお客さんが多いですし、お店で贈り物のご相談をいただいた時は迷わず自信をもって紅まどんな(あいか)をおすすめしています。

「贈り先の方から大絶賛していただけました~!」という声もよくいただきますし、リピーターになっていただけるお客さんもかなり多いですよ。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます

最後に

とにかく紅まどんなは、間違いなく最高に美味しい柑橘類ですね。

愛媛県産の果物は本当に美味しさのレベルが高いです。

「柑橘類が好きだけど、紅まどんな(あいか)は食べたことがないな…」という方は、ぜひ一度食べてみてくださいね。

ということで、以上になります。