【春の七草】種類は? / 七草粥を食べる意味は? / 七草粥の作り方は?

【春の七草】種類は? / 七草粥を食べる意味は? / 七草粥の作り方は?

江戸時代から続く日本の良き風習として、「毎年1月7日の朝に七草をお粥にして食べる」というものがあります。いわゆる春の七草ですね。

本記事ではその春の七草についてわかりやすく解説します。

【春の七草】種類は何?(短歌のリズムで順番に覚えるのがおすすめ)

「芹(せり) 薺(なずな) 御形(ごぎょう)
繁縷(はこべら) 仏の座(ほとけのざ)
菘(すずな) 蘿蔔(すずしろ) これぞ七草♪」

この順番通りに短歌のリズム(五・七・五・七・七)で覚えるといいですよ。そうやって覚えると思い出しやすく忘れにくいですからね。

それぞれについて簡単に説明すると下記の通りです。

 → セリ 水辺の山菜
 → いわゆるペンペン草
御形 → 母子草(ははこぐさ)というもの
繁縷 → ナデシコ科の越年草
仏の座 → キク科のコオニタビラコ
 → 要するに「かぶ」
蘿蔔 →大根のこと

七草粥を7日のいつ食べる?食べる意味(理由)は?

1月7日の朝に食べるのが一般的です。

七草粥を食べる意味(理由)は下記の通りです。

✔️一年の無病息災を願う

お正月のご馳走で疲れてしまった胃腸をいたわり、健康にいい野菜をちょっと塩味のお粥で食べることで、その年の一年の無病息災を願う。

昔の人の知恵を感じますね。

✔️新年になってはじめて爪を切る日(風邪予防)

前日(1月6日)の夜は新年になって初めて爪を切る日で、家族が集まり“まな板”の上に七草とろうそくを立て(横)、「唐土の鳥が日本の国に渡らん先に、七草叩いてトントントン、トントントン♪」と歌いながら包丁の背で七草を叩いて細かくし、その七草を爪に塗ってから爪を切ります(七草粥にするのとは別)。

その日だけは夜に爪を切る日で、七草を塗って爪をやわらかくしてから切ると「その年は風邪を引かない」と言われています。

七草粥の作り方(レシピ)は?

一番簡単な作り方(レシピ)は下記の通りです。

①七草をみじん切りにして湯通しをする
②湯通しした七草をお粥に振りかける
③少量の振りかける

これだけで七草(山菜)の風味を楽しめますよ。

七草セットはいつ買うのがいい?

スーパーなどで年明けすぐに(元旦や2日から)販売しているお店も多いですが、疑問に思うのが「6日の夜に爪を切るために使って7日の朝に七草粥を食べるのに、売られているの早くない?いつ買うのがいいの?」ですよね。

その疑問は正解で、元旦や2日などの早い段階で購入するメリットというのはほぼほぼないですね。

そんなタイミングで購入すると、使う時には変色していたり傷んでしまっていたりします。それでいて冷蔵庫の邪魔にもなります。

購入するのは使う直前の5~6日で十分です。中には「売り切れてしまったらどうするの?」と思われる方もいるかもしれませんが、全てのお店でそのタイミングで売り切れということはないですね。

七草セットはネットで購入可能

”春の七草” 1パック 2〜3人分 産地厳選【予約 1月5日以降の発送】

このように七草セットはネットでも購入出来ます。あらかじめ予約しておけばスーパーなどでの売り切れを心配する必要もないですね。

鮮度が気になったり7日以外にも食べたい方には、下記のようなフリーズドライがおすすめです。

最後に

ということで春の七草についてお話ししました。

本記事が、七草粥の由来や意味を知り、無病息災で過ごすためのお役に立つことが出来ると嬉しいです。