【三日とろろ】1月3日は長芋(山芋)を食べて、健康や長寿を願いましょう!

野菜果物

三日とろろって何?
長芋を食べるといいことあるの?
食べ方は?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 三日とろろとは?
  • 長芋(山芋)を食べる理由
  • 三日とろろの食べ方

野菜販売歴20年以上の僕がわかりやすくお話ししますので、参考にしていただければと思います。

「三日とろろ」とは?

三日とろろ

「三日とろろ」とは以下の通りです。

1月3日に長芋(山芋)を食べて、健康や長寿を願う風習

主に東北地方や関東地方で親しまれている風習ですね。

長芋を食べる理由

説明 解説

1月3日に長芋(山芋)を食べる理由は以下の通りです。

長芋(山芋)を食べることで、お正月(元旦~2日)に飲んだり食べたりして疲れた胃を休ませるため

長芋(山芋)は胃にやさしく、消化を助ける効果があると言われていますからね。

三日とろろの食べ方

三日とろろ 食べ方

三日とろろの食べ方は、

  • とろろご飯
  • とろろ汁

が一般的です。

どちらも手軽に食べられるので、風習としても続けやすいですよ。

便利なフリーズドライもあり

こんな感じの長芋(山芋)のフリーズドライ商品もありますので、「すりおろすのが面倒くさい」「すりおろす時に手がかゆくなるのがイヤだ」という方は利用してみてください。

ということで、「三日とろろ」についてでした。

先人の知恵が詰まった風習、大切にしていきたいですね。

以上参考にしていただけると嬉しいです。