権利ばかり主張してくる部下の特徴と、その対策(対処法)を解説。

権利ばかり主張してくる部下の特徴と、その対策(対処法)を解説。

やるべきこともやらずに(義務を果たさずに)権利ばかり主張する人が世の中には多くいますが、そのような人が自分の部下だった場合…、かなり大変で余計な悩みが増えますよね。

僕自身も20年以上の社会人生活の中で、そのような部下に本当に悩まされてきた経験がありますので、その大変さは痛いほどわかります。

そこで本記事では、僕自身が実体験から学び、そしていろいろな問題を乗り越えきた結果たどり着いた

権利ばかり主張してくる部下の特徴と、その対策(対処法)

をお話ししようと思います。

同じような悩みのある方は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

※無料:自分と相性のいい部下のタイプを診断

MIIDAS(ミイダス)なら無料で「自分にとって相性のいい上司や部下のタイプ」を診断できます。

転職アプリですが、「ストレスの要因」「自分の職務適正」なども無料で診断できますので、職場でいろいろ悩んでいる方は診断してみるといいですよ。

» 無料診断はこちら ⇒ MIIDAS(ミイダス)

権利ばかり主張してくる部下の特徴は?

職場で権利ばかり主張してくる人には間違いなく共通している特徴があります。

下記の通りです。

・仕事が出来ない(自分は出来ると勘違い)

・仕事が遅い ・言い訳が多い

・ネガティブな言動が多い

・悪口、陰口、噂話、嘲笑が大好き

・人間関係のトラブルが多い

・成長する気がない ・無責任 など

もう少し掘り下げますね。

仕事が出来ない(自分は出来ると勘違い)

何回教えても何回注意しても同じミスを繰り返すレベルなのに、なぜか「自分は仕事が出来る」と勘違いしているんですよね。

仕事が遅い

とにかくやることが遅いです。

そして自分が遅いことが原因で仕事が終わらないのに、

・終業時刻がくると途中でも完全放置で帰宅

・勝手に残業しようとする

のどちらかをしようとします。

言い訳が多い&ネガティブな言動が多い

何をするにしてもはじめから出来ない言い訳をしたり、口を開けば「でも」「だって」「どうせ」「そんなこと言われても」という発言ばかり。

ミスをして注意をされた場合、他の人のミスの話を持ち出してきて、「~さんも同じミスをした。」のような意味のわからない言い逃れをしたりもします。

悪口・陰口・噂話・嫌み・嘲笑が大好き

まぁ、マインドのレベルが低いです。

人間関係のトラブルが多い

身勝手な言動がとにかく多く、周りの人とよく衝突します。

いわゆるトラブルメーカーですね。

成長する気がない&無責任

新たな仕事を覚える気が全くないですし、とにかく全ての責任から逃れることばかり考えています。

とにかく何でも人のせい(他人の責任)にしますね。

つまり、「義務を果たさずに権利だけを主張してきている」わけです。

権利ばかり主張してくる社員(部下)の対策(対処法)は?

では、権利ばかり主張してくる部下への対策(対処法)は何がいいのか?

それは下記の通りです。

相手は義務を果たさずに権利だけを主張してきている状態なので、まずは義務を果たしてもらう

具体的には

・義務を果たしていないことを明確化する

・その上で明らかに義務を果たしてもらう

ですね。

少し掘り下げで解説します。

義務を果たしていないことを明確化する

それには数値化するのがかなり効果的です。

一番わかりやすいのは「人時生産性」と「人時売上高」ですね。

・人時生産性 → 従業員1人の1時間当たりの粗利益

(人時生産性 = 粗利益 ÷ 総労働時間)

・人時売上高 → 従業員1人の1時間当たりの売上高

(人時売上高 = 売上高 ÷ 総労働時間)

これら数値の数値を見える化することによって、明らかに仕事が遅く、給料に見合った最低限の義務(労働量)をこなしていないことを明確化するわけです。

権利を主張してくる前に義務を果たしてもらう

上記の数値を明確化した上で、

まずはやるべきことをやって、最低限の義務を果たしてから権利を主張してくださいね。

ということを相手に伝えるのが、最も効果的な対策(対処法)です。

本来であればこのような冷たい感じのことは、せっかく縁あって同じ職場で働くことになった人に対してやりたくはないですが、仕事が出来ないのに権利ばかり主張してくる人に対しては仕方ないです。

その時の部下との向かい合い方ですが、下記の本はとても参考になりますよ。

権利ばかり主張して管理職の頭を悩ませる「モンスター部下」をいろいろなタイプに分類し、数多くの具体例を挙げながら、適切な対処法について社会保険労務士が解説してくれています。

働き方に改善(変化)がなければ不要な人材

中には、上記のような対応をしても全く働き方に改善(変化)がない人もいます。

そのような人は、言葉を選ばずに言うと

・不要な人材

・会社にとって負の資産

でしかないんですよね。

そのような場合は、サヨナラにもっていくしかないですね。

最後に

ということで、最後に本記事のポイントをまとめると下記の通りです。

権利ばかり主張してくる人に共通する特徴

・仕事が出来ない

・義務を果たさずに権利だけ主張してきている

対策(対処法)

①義務を果たしていないことを明確化する

②権利を主張してくる前に義務を果たしてもらう

③改善(変化)がなければサヨナラ

以上になります。

本記事が少しでも、権利ばかり主張してくる部下の対策に悩んでいる方のお役に立つことが出来ると幸いです。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます

▼無料:自分と相性のいい部下のタイプを診断

MIIDAS(ミイダス)なら無料で「自分にとって相性のいい上司や部下のタイプ」を診断できます。

転職アプリですが、「ストレスの要因」「自分の職務適正」なども無料で診断できますので、職場でいろいろ悩んでいる方は診断してみるといいですよ。

» 無料診断はこちら ⇒ MIIDAS(ミイダス)