ニュージーランド産ブリーズ(breeze)ってどんな特徴のりんご? 味は美味しいのかな?

ニュージーランド産ブリーズ(breeze)ってどんな特徴のりんご? 味は美味しいのかな?

ニュージーランド産のブリーズ(breeze)って、どんな特徴のりんごなんだろう?

輸入のりんごって、そもそも美味しいのかな?

こういった疑問に実際にブリーズりんごをお店で仕入れて販売し、お客さんからの感想もいろいろ聞いている僕がお答えします。

もちろん自分自身も食べて味見していますよ!

糖度も計測しましたので、興味のある方はご覧いただければと思います。

ニュージーランド産ブリーズ(breeze)りんごの特徴

ブリーズりんご

ブリーズりんごはニュージーランドで栽培されていて、日本が夏場になった頃に輸入されて出回るりんごです。

どんな特徴のりんごなのか、わかりやすく紹介しますね。

どんな味?

味見 試食

お客さんからの感想や、食べてみた時の感想はこんな感じです。

・噛るとパリッとしていて、果肉はふじよりやわらかく、ジョナゴールドより硬め

・食感はサクサク

・果汁は多め

・適度な酸味の中に甘味がある(さっぱりした感じ)

・香りはあまり強くない

これが正直な感想ですね。

糖度は?

計測した時の写真がこちらになります。

ブリーズりんご 糖度

結果は約13度でした。

(参考:りんごの平均糖度→13度)

入荷時期は?

ブリーズりんごが新物として日本に入荷してくるのは5月下旬~6月上旬で、日本のりんごの旬(最盛期)がちょうど終わった頃です。

理由は下記の通りです。

ニュージーランドは南半球にある

→日本と季節が真逆

→旬のタイミングが真逆

つまりニュージーランド産のりんごが輸入されることで、一年中美味しいりんごを食べることができるということです。

防ばい剤は使われている?

輸入フルーツというと「防ばい剤が使われてたりするんじゃないの?」というご質問をお客さんからもいただくことが多いですが、ブリーズりんごには輸入柑橘類に使用されているような防ばい剤は使用されていないです。

つまり、国産のりんごと同じように安心して皮ごと丸かじりで食べることができますよ!

少しの農薬でも気になって心配な方へ

防腐剤は使用されていなくても、国産のりんごと同じく国が定めている基準値内の農薬は使用されています。

「少しの農薬でもイヤだ」という方、とくに

・妊娠中の方

・小さな子供さんに絶対安心して食べさせたい方

は、野菜・果物用洗剤おすすめ5選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】を参考にしてみてください。

おわり

ということで、ニュージーランド産ブリーズ(breeze)りんごの紹介でした。

国産のりんごと同じように皮ごと安心して食べられて、しかも美味しいりんご。

それが国産りんごのシーズンが終了と同じタイミングで入荷してくるのは、りんご好きの方にとっては朗報だと思います。

りんご好きな方、見かけたらぜひ食べてみてくださいね!

以上、参考にしていただけると嬉しいです!

▼人気関連記事

»野菜・果物用洗剤おすすめ5選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】