スイカの種は栄養豊富で食べた方がいい?毒があって盲腸になるから食べない方がいい?

スイカの種は栄養豊富で食べた方がいい?毒があって盲腸になるから食べない方がいい?

「スイカの種には栄養が多く含まれているから食べた方がいい」と聞いたことがあるけど、「毒があるから食べない方がいい」とも聞いたことがある…。

どっちが正解なのかな?

こんな疑問にお答えします。

[スイカの種] と検索すると、

・栄養が豊富

・毒がある 食べると急性虫垂炎(盲腸)になる

という両方の答えがあり、「どっちを信じればいいの?」状態になって悩みますよね。

本記事ではスイカ販売歴20年以上の僕が、その答えをスパッとわかりやすくお話ししますので、スイカの種の栄養に興味のある方は参考にしていただければと思います。

スイカの種は栄養豊富で食べた方がいい?毒があって盲腸になるから食べない方がいい?

最初に結論をお話しすると下記の通りです。

・スイカの種は栄養たっぷり!

・食べても盲腸にならない!

少し掘り下げてお話ししますね。

まずは「食べても盲腸にならない」から。

食べても盲腸にならない!

スイカの種を食べても盲腸にならない理由は下記の通りです。

・種は主に脂肪分やタンパク質で出来ている

・種の皮はとても硬いので、ほぼほぼ消化されずに排出される

・もし消化されても主成分は脂肪分やタンパク質なので問題なし

あと「お腹の中で芽が生える」などの情報もありますが…、排出されるのでこれも問題なしですね。

スイカの種は栄養たっぷり!

スイカの種は生薬名で「西瓜子仁」と呼ばれているくらい、本当に多くの栄養を含んでいるんですよね。

含まれている主な栄養は下記の通りです。

ビタミンB6 ビタミンE 葉酸

マグネシウム 銅 タンパク質 リノール酸

カリウム モリブデン など

これらが含まれている種を食べないのはもったいないです。

スイカの種のおすすめの食べ方

スイカの種はもちろんそのまま食べてもいいですが、その他の簡単な食べ方を紹介しますね。

・天日干しにしてそのまま食べる

・塩で下味をつけて炒めて食べる

このようにすることで、おやつやおつまみ感覚で食べることができますよ。

種の外側の黒い皮を剥いて(割って)、中身(白い胚の部分)を食べると効率よく栄養素を摂取することができますよ。

ちなみにですが、スイカの種はこんな感じでも販売されています。

これだと栄養を効率よく、シーズン以外でも簡単に摂取できますね。

おわり

以上、「スイカの種は栄養豊富で食べた方がいい?毒があって盲腸になるから食べない方がいい?」への回答でした。

スイカの種を食べすに捨てる…、正直もったいないです。

スイカの種の食感が苦手な方でも「すいかの種」なら食べやすいのでおすすめですよ。

以上になります。

Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます