【要注意】シャインマスカットの皮、茶色いシミの原因【食べない方がいい場合も】

野菜果物

シャインマスカットの皮に茶色いシミのようなものがあるけど、原因は何?食べても大丈夫なのかな?

 

こんな疑問にお答えします。

シャインマスカット販売歴20年以上ですが、何度もそのような症状のシャインマスカットを見たことがあり、その原因についてぶどう生産者の方に質問したことがあります。

その時にいただいた回答にもとづいてお話ししますので、参考にしていただければと思います。

シャインマスカットの皮に茶色いシミ…、原因は何? 食べても大丈夫?

原因

具体的にどのようなシミなのか?

記事冒頭の写真でもお見せしましたが、さらにわかりやすくアップして撮影したのがこちらです。

これは「かすり症」という状態で、原因としては下記が考えられます(生産者の方からの回答)。

  • カルシウムなどの栄養素が不足気味
  • 急激な気温変化

またスレ傷のような茶色いシミ(痕)の場合は、雨や強風などで葉が擦れてしまい、その結果として皮にキズが残ってしまったことが原因ですね。

食べても大丈夫?

答えは下記の通りです。

かすり症は皮の色の変化、スレ傷は傷痕だけなので、皮ごと食べても問題なし

こんな感じでギフトとしても販売されているシャインマスカットでも、“訳あり”と記載されている場合は「かすり症」や「スレ傷の痕」が含まれていることは多々ありますからね。

ちなみに、かすり症のシャインマスカットは「栄養素が不足=あまり美味しくない」と思いがちですが、過去に何度も食べてきた結果、メチャメチャ甘くて美味しことが多いですよ。

【要注意】食べない方がいいシミもあり

上記で、かすり症やスリ傷による茶色いシミのシャインマスカットは「皮ごと食べても問題なし」とお話ししましたが、食べない方がいい場合もあります。

以下の通りです。

  • 白い斑点のような模様が斑についている:べと病
  • 黒いシミが斑についている:黒とう病
  • 溶けたようなシミになっている:灰色かび病
  • ダニがたくさん付着している/茶色く褐色したり腐ったようになっている:ブドウヒメハダニ

これらは病害虫によるシミなので、食べないことをおすすめします。

(これらの状態になっているシャインマスカットは基本的に市場に入荷してくることはないですし、もし入荷してきても仕入れることもありませんのでお店で撮影した写真はありませんが…)

おわり

ということで、シャインマスカットの皮にある茶色いシミについてでした。

写真で紹介したような茶色いシミの場合は食べても問題なしですが、それ以外の場合は食べない方がいいです。

購入したシャインマスカットにシミがある場合、心配な時は販売しているお店に問い合わせてみてください。

以上、参考にしていただけると嬉しいです。