皮ごと食べられる人気の輸入ぶどう、レッドグローブとシードレスの特徴や違い

野菜果物

 
悩む女性

「レッドグローブとシードレスってどう違うの?」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

人気の輸入ぶどう「レッドグローブ」と「シードレス」について、毎年お客さんからいただく、以下の疑問についてお答えします。

  • 皮ごと食べられる?
  • 種はある?
  • 時期(旬)や産地は?

さっそく回答しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

皮ごと食べられる?

答えは「どちらも皮ごと食べられる。」です。

皮ごと食べれるといっても、防腐剤とか農薬は大丈夫?」と思う方は、「こちらの記事」をご覧いただければと思います。

種はある?

種についての答えは、以下の通りです。

  • レッドグローブ → 種あり
  • シードレス → 種なし

時期(旬)や産地は?

それぞれお答えします。

レッドグローブの産地と時期

答えは、以下の通りです。

  • チリ産:12月頃~翌年の6月頃
  • カリフォルニア産:10月~11月頃

シードレスの産地と時期

答えは、以下の通りです。

  • カリフォルニア産:8月~翌1月頃
  • チリ産:2月~5月末頃
  • オーストラリア産:1月~5月末頃

シードレスは3種類

シードレスには、主に以下の3種類あります。(皮の色が違います。)

  • 赤:クリムゾン・シードレス
  • 緑:トンプソン・シードレス
  • 黒:ブラック・シードレス

甘い順番は、シーズンによって少し違いはありますが、「黒 赤 緑」ですね。

おわりに

人気の輸入ぶどう「レッドグローブ」と「シードレス」、お店でよくお客さんからいただくご質問について、簡単にですが回答してみました。

参考にしていただけると、嬉しいです。

人気記事野菜/果物用おすすめ洗剤【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】

人気記事フルーツギフトは、どこで買うのが安心?【おすすめは「蝶結び」一択】