紅てまり(さくらんぼ)の特徴/味の感想など

紅てまり(さくらんぼ)の特徴/味の感想など

・「紅てまり」というサクランボが売っていたけど、あまり聞いたことのない名前だな…。どんな品種(特徴)なんだろう?

・甘味や酸味、味の濃さはどんな感じなのかな?

・有名な佐藤錦や紅秀峰とかをお店で見かけなくなったタイミングに売られていたけど、手土産や贈り物には不向きかな?

こういった疑問に、サクランボ販売歴20年以上の僕が、ポイントをまとめてわかりやすくお答えします。

参考にしていただけると幸いです(*`・ω・)ゞ

紅てまりはどんな品種(特徴)?

紅てまりの特徴は下記の通りです。

・山形県生まれ

・佐藤錦×ビックから誕生

・平成12年に品種登録された比較的新しい品種

・比較的大粒

・果肉は硬めで日持ちしやすい

・極晩生種:収穫の時期は7月の上旬~中旬でサクランボのシーズン最終に登場

こんな感じですね。

ちなみに見た目は記事冒頭の写真です(*`・ω・)ゞ

紅てまりの味は?【実際に食べてみた率直な感想】

紅てまりを実際に食べてみた感想は下記の通りです。

・味は濃い

・甘味は強めだけど適度に酸味も感じるので、“甘味と酸味のバランスがいいサクランボ”が好きな方向け

・果肉は比較的硬めで果汁も多め

・糖度を計測すると18~20度くらい

こんな感じですね。

紅てまりは贈り物や手土産としてどうなの?

紅てまりは贈り物や手土産としてどうなのか?

・果肉は硬めで日持ちはしやすいので贈り物には向いている

・シーズン最終に出回るので、タイミング的にはお中元などにも最適

・(ぶっちゃけ)紅秀峰や大将錦などの「とにかく激甘のサクランボが好き」という方に対しては不向き。紅てまりは紅秀峰や大将錦に対して甘味では勝てないので…、「甘味と酸味のバランスがいいサクランボが好き」という方にはぜひ。

ぶっちゃけで言うとこんな感じです。

ちなみにですが、紅てまりは希少な品種ですので、どこのお店でも取り扱っているわけではないです。

最後に

以上、「紅てまり(さくらんぼ)の特徴/味の感想など」でした。

参考にしていただけると幸いです_(..)_