シャトールージュぶどうの特徴/味は?種はある?皮ごと食べられる?

シャトールージュぶどうの特徴/味は?種はある?皮ごと食べられる?
山梨県産のシャトールージュという名前(品種)のブドウが売っていたけど、聞いたことのない名前のぶどうだから、美味しいのかわからなかったから買わなかった…。

美味しかったら買おうと思うけど、どんな味なのかな?種はあるのかな?皮ごと食べられるのかな?

もしわかるなら、何と何を掛け合わせて誕生したブドウなのかも知りたいな?

こういった疑問に、ぶどう販売歴20年以上の僕がお答えします。

実際に仕入れて販売し、お客さんへの商品説明のために糖度も計測しました。掛け合わせも紹介しますので参考にしていただければと思います。

ぶどう好きの方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

シャトールージュぶどうの特徴/味は?種はある?皮ごと食べられる?

見た目は?

こんな感じです。(記事冒頭の写真と同じ)

シャトールージュ

光沢のあるキレイな紅色のぶどうです。

粒の写真も撮ったので載せておきます。

種はある?/皮ごと食べられる?

味の前に、お店でお客さんからも最もご質問をいただく、この疑問への回答です(*`・ω・)ゞ

答え:種無しで、皮ごと食べられます。

果肉の写真がこちら。

種無しですね。

味は?/糖度写真あり

先に糖度を計測した写真がこちら。

なんと

糖度は18~20度

で、かなり甘味が強いです。

実際に食べてみると、

「とても甘くて美味しいけど、しつこい甘さではなく上品な甘さ。」

という印象です。

パートさんにも食べてもらったのですが、その時の感想は

「このぶどう、今まで食べたことのない感じ。しつこい甘さではないけど、しっかりした上品な甘さを感じる。それで種がなくて皮ごと食べられるって、すごくいい。」

でした。

掛け合わせは?

シャインマスカット × 京秀(けいしゅう)

です。

京秀は中国のぶどうですね。

たとえば

ベニバラード = バラード × 京秀

のような感じで、じつは掛け合わせで使われていたりします。

おわり

ということで、シャトールージュについてでした。

実際に仕入れて販売し、食べてみた感想としては「赤いシャインマスカット」という感じです。

赤いシャインマスカットと呼ばれているぶどうはシャインローズ(シャインマスカット×ベニバラード)がありますが、今回紹介したシャトールージュも負けていないですよ。

まだまだ希少で、どこでも購入出来るぶどうではないですが、ぶどう好きの方は見かけたらぜひ食べてみてくださいね。

以上になります。

✔️人気関連記事

甘いぶどうの種類は?/甘くて美味しいと人気の品種ランキングベスト5

✔️人気記事

野菜・果物用洗剤おすすめ3選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】

【全額返金保証あり】八百屋の僕がおすすめする青汁3選!【目的別】