宮崎マンゴーと台湾マンゴーの違いは? 味はどっちが甘くて美味しい?

宮崎マンゴーと台湾マンゴーの違いは? 味はどっちが甘くて美味しい?
宮崎マンゴーと台湾マンゴーの違いって何なんだろう?

見た目はよく似ているし、お店でも売っているタイミングもほぼほぼ同じ…、 でも値段はぜんぜん違う。

品種の違いとか味の違いとか知りたいな。

今回はこんな疑問にお答えします。

毎年マンゴーの時期になると数名のお客さんからいただくご質問なんですよね。

そこで本記事ではマンゴー販売歴20年以上の僕が、宮崎マンゴーと台湾マンゴーの

・品種の違い

・食べ比べてみた感想

・値段が違う理由

をお話しします。

同じような疑問のある方は参考にしてくださいね。

品種の違い

宮崎マンゴーと台湾マンゴー、じつは“品種は同じ”です。

アーウィン種(別名:アップルマンゴー)

皮の色がリンゴのように赤色になることからアップルマンゴーとも呼ばれたりします。

つまり同じマンゴーなんですよね。

食べ比べてみた感想(お客さんからの感想)

味見 試食

上記でお話ししたように同じ品種ですので、たまに「宮崎産マンゴーと台湾産マンゴーで味の差(違い)はある?」というご質問をお客んからいただくこともあります。

その答えですが、食べてみた感想やお客さんからの感想(意見)はこんな感じです。

同じような甘さと食感で美味しいけど、宮崎マンゴーの方が甘味が濃く、しかも味が安定している

その理由は下記の通りです。

どちらも同じ品種なので味や食感はよく似ているけど、

・宮崎マンゴー → 温室栽培で丁寧に育てられているので味が安定している

・台湾マンゴー → 露地栽培なので味にムラがある

値段が違う3つの理由

値段が違う理由は下記の3つです。

・栽培方法の違い

・見た目の違い

・味の違い(安定感)

栽培方法の違い

宮崎マンゴー:温室栽培で手間隙かけて育てられている → 設備代や燃料費、人件費がかかる → その分高値になる

台湾マンゴー:基本的に露地栽培(自然栽培)→ 設備代や燃料費、人件費が温室栽培に比べるとかからない → その分、温室栽培よりも安い

これが値段の違う主な理由ですね。

見た目の違い

見た目の違いも値段に差がある理由です。

記事冒頭の比較写真をもう一度お見せすると

宮崎マンゴー 台湾マンゴー 見た目比較

このような感じで

・宮崎マンゴー → 色が濃く、ムラが少ない

・台湾マンゴー → 色が宮崎マンゴーに比べて薄く、ムラがある

明らかですよね。

味の違い(安定感)

先ほどお話ししたように、

・宮崎マンゴー → ハウス栽培で味が安定している

・台湾マンゴー → 露地栽培なので味にムラがある

これらの違いが値段の違いになります。

おわり

ということで、宮崎マンゴーと台湾マンゴーの違いについてでした。

ポイントをまとめると下記の通りです。

・同じ品種(アーウィン種)

・宮崎マンゴー → 温室栽培

・台湾マンゴー → 露地栽培

・味や見た目、値段 → 「宮崎マンゴー > 台湾マンゴー」

このことから言えることは、

・宮崎マンゴー → 贈り物に最高(実際に大人気)

・台湾マンゴー → 贈り物にはいまいちだけど、家庭で宮崎マンゴーとほぼほぼ同じ美味しさを、かなり安値で味わうことができる

ということです。

大切な方への贈り物に宮崎マンゴー、喜ばれること間違いなしですよ。

以上、参考にしていただけると嬉しいです。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます