前年比と増減率の違い/計算方法も具体的な数値でわかりやすく解説。

前年比と増減率の違い/計算方法も具体的な数値でわかりやすく解説。
前年比と増減率の計算方法と…、じつは違いもよくわかっていない…。今さら人に聞くのも恥ずかしいなぁ…

上記の疑問や悩みにお答えします。

僕自身青果小売業で20年以上働いていますが、実際の現場では前年比と増減率を曖昧にしている方も多いんですよね。

本記事では前年比と増減率の違いについてわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

前年比と増減率の違いと計算方法を具体的な数値でわかりやすく解説。

わかりやすいように、青果小売業の中小企業レベルの売上額を例えで解説します。

前年比

今月の数字(データ)を前年の同じ月の数字と比較して何%達成出来ているかを示す数値

これが前年比で、計算式は下記の通りです。

前年比 = 今年の数値 ÷ 前年の数値 × 100(%)

たとえば、

・前年の売上→10,000,000円

・今年の売上→12,000,000円

だとすると、

12,000,000円÷10,000,000円=1.2

になり、これを%にするために100をかけると120なので前年比は120%になります。

増減率(対前年増減率)

今月の数字(データ)を前年の同じ月の数字と比較して何%増減したのかを示す数値

(今月の売上を前年同月の売上と比較して考える場合)

これが増減率で、計算式は下記の通りです。

増減率 =(今年の数値 ÷ 前年の数値 )ー1× 100(%)

例えば、(わかりやすいように上記と同じ数字で)

・前年度の売上→10,000,000円

・今年度の売上→12,000,000円

だとすると、

(12,000,000円÷10,000,000円)−1=1.2-1=0.2

これを%にするために100をかけると20なので増減率は20%になります。

前年比と増減率のよくある勘違いの表現

ここで、前年比と増減率のよくある勘違いの表現についてお話ししておきます。

例えば上記の数字(例)だと、

・前年比→120%

・増減率→20%

なのですが、「前年比120%増加しました。」と表現している方がいるんですよね。

でもこれは大きな勘違い(間違い)で、「前年比120%増加」だと「100%増加=2倍」なので220%増加していることになるんですよね。

つまり「10,000,000円×2.2=22,000,000円」になったことになります。

ここの表現は間違えないように注意が必要ですね。

最後に

ということでシンプルに解説しましたが、「前年比と増減率の違い」でした。

参考にしてもらえると幸いです_(..)_

✔️人気関連記事

【売上の仕組み/構造】売上を伸ばすための3要素と5つの方法を解説