【芯まで食べられる!】台湾パイン(金鑚)の特徴/切り方や食べ方まで、写真付きで丁寧に解説。

【芯まで食べられる!】台湾パイン(金鑚)の特徴/切り方や食べ方まで、写真付きで丁寧に解説。

台湾パインって、「メチャメチャ甘くて芯まで食べられる」って聞いたけど本当?

糖度はどれくらいあるのかな?

切り方とか食べ方って簡単?

食べ頃の見分け方は?

こんな疑問にお答えします。

✔️本記事の内容

・台湾パインの3つの特徴

・切り方や食べ方

・食べ頃の見分け方

・旬(最盛期)

本記事を書いている僕は果物販売歴20年以上。市場での仕入れ~お店での販売までしている青果バイヤーです。

そんな僕が写真付きでわかりやすく解説しますので、参考にしていただければと思います。

台湾パインの3つの特徴

台湾パイン(台湾パイナップル)の主な特徴は下記の3つです。

・芯まで食べられる

・繊維が少ないので、歯の間にはさまらない

・とにかく甘くて酸味が少ない

マジで大好評です。

ちなみにですが、金鑚というのは

・金 → ゴールド

・鑚 → ダイヤモンド

ですね。

つまり「ゴールド&ダイヤモンドのような輝きのパイナップル」ということです。

芯まで食べられる

台湾パインは芯まで食べることができます。

芯の部分はサクサクした食感でとても美味しいですよ。

繊維が少ないので、歯の間にはさまらない

芯までサクサク食感で食べる台湾パインは、普通のパイナップルに比べて繊維が少ないので、「スジが歯の間にはさまった~…」ということがないです。

とにかく甘く、酸味が少ない

酸味はほとんど感じられないですね。

実際に糖度を計測すると低くても18度で、ほとんどが20度を超えてきますよ。

台湾パインの切り方や食べ方

台湾パインの切り方や食べ方はとても簡単です。

実際にお店でカットした時の写真でわかりやすく解説します。

切り方と食べ方

「どうやって切ったらいいの?」「どうやって食べるの?」というご質問をいただくことが多いですがとても簡単です。

この答えはかなり簡単です。

まずは、こんな感じで上下を切り落とします。

台湾パイン切り方1

次は、上下を切り落とした台湾パインをこのように立てます。

台湾パイン切り方2

立てた台湾パインを半分に切ります。

台湾パイン切り方3

半分に切った台湾パインを、さらに半分(つまり1/4)に切ります。

台湾パイン切り方4

あとは皮を切り落として、食べやすい大きさに切れば完成です。

台湾パイン切り方5

べつに、食べやすい大きさに切り分けてから皮を切り落としてもいいですよ。

ぶっちゃけ順番は違っても、最終的に食べやすい大きさになって皮が切り離せていれば大丈夫です。

芯を取る必要はないわけですからね。

あとは、このまま食べればOKです。

食べ頃の見分け方

答えは下記の通りです。

お店に並んでいる時点で食べ頃!

なぜかというと、パイナップルは追熟しないからです。

でも実際は、ある程度黄色くなってから食べた方がいいですね。

なぜかというと、そうなった方が酸味が抜けて甘味をさらに強く感じることができるからです。

旬 (時期・最盛期)

毎年3月の末頃から入荷が始まって5~6月が最盛期という感じです。

夏の手前くらいまで楽しむことができますよ。

▼Amazon/楽天/Yahooショッピングでも購入できます

おわり

ということで、台湾パインについてでした。

その甘さ(美味しさ)と、芯まで食べられるという特徴が、年々人気急上昇している台湾パイン。

「パイナップルが好きなのにまだ食べたことがない」という方はもったいないですよ。

以上、参考にしていただけると嬉しいです!

✔️人気記事

野菜・果物用洗剤おすすめ3選【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】

【全額返金保証あり】八百屋の僕がおすすめする青汁3選!【目的別】