【美味】芯まで食べられる人気のパイナップル3品種【台湾、スナック、ピーチ】

野菜果物

 
悩む女性

「芯まで食べられるパイナップルって何があるの?」

こんな疑問に、パイナップル販売歴20年以上の僕がお答えしますので、参考にしてみてください。

【甘くて美味しい】芯まで食べられる人気のパイナップル3選

さっそく紹介します。

芯まで食べられる、甘くて美味しいパイナップルは以下の3種類です。

  • 台湾パイン
  • スナックパイン(ボゴールパイン)
  • ピーチパイン(ミルクパイン)

台湾パイン

台湾パイン

台湾パインについては別記事でも紹介していますが、以下の特徴のある毎年とにかく大好評の「芯まで食べられるパイナップル」です。

・芯まで食べられる

・繊維が少ないので、歯の間にはさまらない

・とにかく甘く、酸味が少ない

糖度は20度を超えますよ。

詳しくは以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

スナックパイン(ボゴールパイン)

ボゴールパイン(スナックパイン)

手でちぎって、スナック菓子のように食べられる」ことから「スナックパイン」と呼ばれる、沖縄県産の人気パイナップルです。

一節ずつ。簡単に手でちぎれます。(先にお尻の方を少し切り落とせば、かなり簡単に手でちぎることができますよ。)

普通のパイナップルのようにカットして食べてもOKで、芯まで食べることができます。

味は普通のパイナップルに比べて酸味が少なく、甘味はかなり強いですね。

※スナックパインの葉には鋸歯というトゲがありますので、さわる時に注意してくださいね。

ピーチパイン(ミルクパイン)

ピーチパイン

以下のような特徴から「ピーチパイン」と呼ばれている、沖縄県産の人気パイナップルです。

  • 桃のような香りがする
  • 果肉が乳白色でクリーミーな味
  • 熟すと皮が赤みを帯びてピンク色になる

果肉はとても柔らかく、芯も柔らかいので食べることもできます。

乳白色の果肉とクリーミーな味から、別名ミルクパインとも呼ばれることもあります。

おわり

ということで、「芯まで食べられるパイナップル」の紹介でした。

まだ食べたことのない方は、ぜひ一度食べてみてください。その美味しさに驚くこと間違いなしですよ。

以上になります。

関連記事

人気記事野菜/果物用おすすめ洗剤【残留農薬・防腐剤・ウイルス除去に】